新着作品   作品一覧   中国書画文具  
Copyright©2007 Kumazawa
Bijyutsu All rights reserved.
取り扱い作家・略歴
熊沢美術の取り扱い作家・略歴   
▼ 取扱作家とその略歴


    下記の作家名をクリックするとそれぞれの作家略歴が表示されます。


あ  麻生三郎石井柏亭石川欽一郎伊藤 廉上野山清貢海老原喜之助荻須高徳
       大沢昌助大野五郎形部 人小貫政之助

か  鹿子木孟郎香月泰男鴨居 玲川島理一郎北川民次木内 克久保 守
       木村荘八河野通勢古茂田守介児玉幸雄小泉 清小堀 進神下雄吉

さ  佐分 真斎藤与里佐田 勝佐野繁次郎斎藤真一菅野矢一曽宮一念
      須田剋太関口俊吾須田 寿

た  互井開一田辺 至田村 孝之介鳥海青児高田 誠高橋忠弥竹谷富士雄
      椿 貞雄田辺三重松

な  中村直人中西利雄中沢弘光南城一夫

は  長谷川利行塙 賢三原 精一平野 遼福井良之助福沢一郎

ま  牧野虎雄松本 富太郎 増田 誠南 薫造宮崎 進御正 伸

や  矢崎千代二山口 薫脇田 和





麻生三郎(1913〜2000)

1913年(大正2年)東京に生れる。 1928年 15歳で小林萬吾の主宰する同舟舎洋画研究所、2年後に太平洋画会研究所に学ぶ。当時佐藤俊介(のちの松本俊介)、寺田政明らが学んでいた。1937年エコール・ド・東京第一回展に出品。1938年渡欧。翌年福沢一郎、古沢岩美らとともに美術文化協会の結成に参加。1943年、個人的制作の自由をもとめて松本竣介、靉光らと新人画会を結成。1947年自由美術家協会に参加。美術団体連合展に出品。以後、第8回サロン・ド・メ、・日本国際美術展、現代日本美術展などに出品。1957年第5回日本国際美術展で『家族』が優秀賞受賞。1963年芸術選奨文部大臣賞受賞。翌年自由美術協会を脱退。以後、無所属となり個展を中心に作品を発表。1994年神奈川県立近代美術館、茨城近代美術館 1995年三重県立美術館にて麻生三郎展がひらかれる。2000年、87才にて歿。

Back To Top



石井柏亭(1882-1958)

1882年(明治15年)東京生まれ、本名満吉。 はやくから日本画家の父石井鼎湖(いしい・ていこ)に日本画を学ぶが、父没後、浅井忠について洋画に転じる。明治美術会に水彩画を出品。中村不折に油絵の指導を受けて无声(むせい)会員(明治33年創立され自然主義的な作風を示した)となった。1904年東京美術学校に入り黒田清輝、藤島武二の指導を受けたが翌年眼病の為中途退学、1907年 森田恒友、山本鼎と雑誌「方寸」を創刊。1909年第3回文展で授賞。1910〜12年渡欧。小林萬吾とパリの田舎に滞在して水彩画と油絵を描きためた。このとき文展に2作品を出品している。1913年丸山晩霞、南薫造、真野紀太郎らと日本水彩画会を創立。翌1914年文展と絶縁して同志と二科会を創立し、創立会員となる。1915年〜1920年 多くの旅行をする。1921年 与謝野夫妻らと東京に文化学院を創設。学監となり図画を担当した。1922〜23年、再び渡欧。1924年第11回日水展、二科展に滞欧作を特別陳列する。1935年帝国美術院会員となるが、二科会を退会。1937年有島生馬、安井曾太郎、山下新太郎、木下孝則、硲伊之助、小山敬三と一水会を創立。1941年文化学院を退く。1946年日本水彩画会名誉会員となる。戦後は日展、一水会展に出品した。1949年日本芸術院会員。1958年77歳にて歿。 代表作に「草上の小憩」(東京国立近代美術館)などがある。

Back To Top



石川欽一郎(1871-1945)

1871年(明治4年)静岡県に生れる。 1888年 逓信省東京電信学校に入り、画学教官の小代為重に絵画を習う。1891年 大蔵省印刷局工生となり、浅井忠、川村清雄に師事。 さらに同年来日した水彩画家アルフレッド・イーストの通訳を務め一方で指導も受けた。1891年 明治美術会に入会。翌年初出品したが、川村清雄のトモエ会に加わる。1899年 渡欧。又1907年東京勧業博覧会、第1回文展に出品。1907年 台湾総督府陸軍部通訳官として台湾に渡る。1913年 日本水彩画会の創立に発起人として参加。 1914年 台北市で三宅克己・石川欽一郎二人展を開催。この頃出した台湾風景絵葉書が人気を呼んだ。 1916年台湾総督府陸軍部通訳官を辞任し帰国。1922年渡欧。1924年 台湾に渡り台北師範学校嘱託となる。台湾水彩画会創立。1932年 台北師範学校嘱託を辞任。その後光風会会員、水彩画会会員として水彩画の普及につとめた。1945年 84歳にて歿。 代表作には「台北の郊外」「田園風景」がある。

Back To Top



伊藤 廉(1898-1983)

1898年(明治31年)名古屋市生まれ。 両親とも南画(文人画)にゆかりの深い家系であった。名古屋医科大学を中退して東京美術学校に入り、1925年卒業する。1923年第10回二科展に初入選。1927〜30年に海路を経てヨーロッパに渡り、滞欧中「赤い着物の半身像」などを制作する。1930年陸路を経て帰国。第17回二科展に滞欧作を特別陳列して二科賞を受賞するが、同年二科を去って独立美術協会の結成に参加した。1937年独立美術協会を退いて1943年国画会会員となる。1946年から東京美術学校の講師を務め、1949年同校助教授。1954年教授に就任する。1966年に定年退官し、同年に創立された愛知県立芸術大学美術学部長となった。長年教壇に立ち、多くの画家を育成する一方で、「セザンヌ覚書」などの著書もいくつか著した。1970年勲三等瑞宝章、1971年紺綬褒章を受ける。1972年愛知県立芸術大学を退官し客員教授となる。1973年国画会を退会。1979年名古屋日動画廊にて画業60年伊藤廉回顧展。1983年名古屋にて死去。

Back To Top



上野山清貢(1889-1960)

1889年(明治22年) 北海道江別生まれ。 1907年(明治40年)小学校の代用教員を務めるが、1912年(明治45年)画家を志して上京。 太平洋画会研究所に学ぶ。黒田清輝、岡田三郎助に師事。1924年(大正13年)帝展に初入選。1931年、長谷川昇・山口蓬春・山崎省三・小寺健吉・加藤顕清らと「北海道美術家連盟」を結成する。 1945年、北海道出身美術家20名と「全道美術協会」を結成する。
1960年(昭和35年)歿。享年70歳

  (受賞)
1925年 第2回槐樹社展 (槐樹賞)
1926年 第3回槐樹社展 (槐樹賞)
1927年 第4回槐樹社展 (槐樹賞)
1953年 北海道新聞文化賞社会文化賞

Back To Top



海老原喜之助(1904-1970)

1904年(明治37年)鹿児島県に生れる。 1922年志布志中学校卒業をまたずに同級である吉井淳二と共に上京。川端画学校に学ぶ。1923年第10回二科展に初入選。1923〜34年渡仏。藤田嗣治に薫陶を受けながら、サロン・ドートンヌアンデパンダン展に出品をつづけ、エコール・ド・パリの次期の担い手として注目される。又二科展にも作品を送る。帰国後、1935年独立美術協会会員となる。以後独立展に出品を重ねる。戦後は疎開した熊本で海老原美術研究所を設け地域文化の向上をはかる。1952年には神奈川県立近代美術館で福沢一郎との二人展が開催されている。1955年第3回日本国際美術展で佳作賞、1957年の第4回展で国立近代美術館賞受賞。1960年第一回毎日芸術賞。サンパウロ・ビエンナーレ展、グッゲンハイム賞展ほかの海外展に参加。1964年芸術選奨文部大臣賞を受賞。1965年、1966年、1967年と渡欧し、1967年藤田嗣治の死去を見取り、70年まで制作のかたわらヨーロッパ各地を旅行、フランス、ブルターニュで倒れ、パリにて病没。 代表作に「曲馬」熊本県立美術館「雨の日」東京国立近代美術館

Back To Top



荻須高徳(1901-1986)

1901年(明治35年)愛知県に生れる。 幼児より絵画に熱中。1921年上京。川端画学校に学び、藤島武二の指導を受ける。1922年 東京美術学校入学。1927年卒業。同年渡仏。2回目の渡仏をしていた佐伯祐三の感化を受けパリの下町の飾り気のない建物などを描いてまわる。ユトリロの個展を見て感銘。1928年サロン・ドートンヌ初入選。1929年よりアンデパンダン展出品。この頃ヴラマンクに傾倒。1930年コルベール画廊で初めての個展開催。1931年オットン・フリエスの推薦によりサロン・デ・テユウイルリーに招待出品。1934年ジュネーヴのラト美術館にてスイスにおける最初の個展。1940年、ドイツ軍のパリ占領のため帰国。新制作派協会会員に迎えられ、同会5回展に渡欧作を特別出品し、評価を確立した。1941年日本で初個展を開催。満州に制作旅行。1948年戦後初めての日本人画家としてフランス入国を許されパリに戻る。1951年サロン・ドートンヌ、アンデパンダン展、サロン・ド・メに出品。1951年より松方コレクション日本返還に協力。1955年神奈川県立近代美術館で136点の作品による個展。1956年、フランス政府からシュヴァリエ・デ・ラ・レジオン・ドヌール勲章を受ける。1962年国際形象展の創立に同人として参加。1965年個展のために17年ぶりに帰国。1971年神奈川県立近代美術館にて個展。1972年中日文化賞授賞。1973年パリ市からメダイユ・ド・ヴェルメイユを授与される。1977年サロン・ナショナル・デ・ボー=ザールの会員となる。1981年文化功労者。1986年死後、文化勲章授賞。 1983年故郷に荻須記念美術館が建設される。 代表作に「ル・ペック(パリ郊外)」神奈川県立近代美術館などがある。

Back To Top



大野五郎(1910-2006)

1910年(明治43年)東京に生れる。 1926年藤島武二の門に入り、川端画学校に学ぶ。1928年 1930年協会展に出品。1929年 里見勝蔵に師事。1930年協会研究所に学ぶ。1943年愛光、麻生三郎、糸園和三郎、井上長三郎、鶴岡政男、寺田政明、松本俊介と新人画会を結成。。1947年自由美術協会会員となる。1964年 自由美術協会を脱退。主体美術協会を結成。1971年 パリ、スペインに遊ぶ。2006年 東京にて歿。享年96歳

Back To Top



大沢昌助(1903-1997)

1903年(明治36年)東京に生れる。 1928年東京美術学校油絵科卒業。1929年 二科展に初入選。1942年二科賞授賞。1943年二科会員となった。1952年 パリのサロン・ド・メに日本招待作家の一人として出品。日本国際美術展に招待出品、以後毎回出品を重ねた。1954年 現代日本美術展に招待出品、以後毎回出品を重ねた。多摩美術大学の教授を務めた。1982年二科会を退会し個展開催、美術館企画展などで作品を発表した。1997年 東京にて歿。

Back To Top



刑部 人(1906-1978)

1906年(明治39年)栃木県に生れる。 1929年東京美術学校を卒業。和田英作および金山平三の指導を受けた。美術学校在学中に第9回帝展で初入選。1930年第11回帝展に「裸体」を出品。1934年第15回帝展「初秋の河口湖」を出品。1940年東京高等工芸学校(現千葉大学工学部)助教授。1945年退官。主として官展に出品を続け1946年 第一回日展、1948年第4回日展で特選を授賞。1957年新世紀美術協会会員として参加する。1968年日展会員となる。全国くまなく歩き美しい自然の風景を描き続けた。 1978年東京で歿。 代表作に「山畑」神奈川県立近代美術館、「りんご園」栃木県立美術館などがある。

Back To Top



小貫政之助(1925-1988)

1925年(大正14年)東京、京橋に生れる。 1939年に本郷岡田三郎助美術研究所にはいる。第一美術白日会展に「工場」を出品。 1941年太平洋美術学校に入学。44年卒業。セザンヌ、ヴラマンク、佐伯祐三に影響され、学校アカデミズムに抗し、フォービズムに傾く。1947年文化学院美術部に入学。翌年中退する。 現代美術展で努力賞 。 1949年〜 読売アンデパンダン展、現代美術展に出品 。1950年現代美術展会員努力賞授賞。1952年自由美術展に出品。戦後は今までのフォービックな傾向を破壊したい願望を持つ。1953年 神田・タケミヤ画廊で個展開催。1956年自由美術家協会会員に推挙される。以降、銀座・フォルム画廊で個展、グループ展に出品 。1968年自由美術家協会退会。 1988 年 東京で歿 享年63歳 1992年新宿、小田急ギャラリーにて小貫政之助回顧展が開催された

Back To Top



香月泰男(1911-1974)

1911年(明治44年)山口県に生れる。 1931年東京美術学校西洋画科に入学、藤島武二の指導を受ける。1934年第9回国画会展に入選する。1936年東京美術学校を卒業し、北海道の中学校の教諭となる。1940年国画会展佐分賞を受賞して会員となる。1943年応召。戦地におもむく。1944年文部省戦時特別美術展覧会に「ホロンバイル」を出品。1945年敗戦後シベリアに抑留され、1947年復員する。1948年第22回国画会展に「風」他を出品。1960年頃より、シベリア体験による連作を相ついで発表。1962年国画会退会。1967年神奈川県立近代美術館で高山辰雄と二人展。1969年 第一回日本芸術大賞を受賞した。没後、1975年山口県立博物館で「香月泰男遺作展」が開催される。 1974年、山口にて歿。 代表作に「告別」東京国立近代美術館「ダモイ」山口県立美術館

Back To Top



鹿子木孟郎(1874-1941)

1874年(明治7年)岡山市生まれ。始めは松原三五郎の天彩画舎に学び、洋画の手ほどきを受けた。のち東京に出て、1892年 小山正太郎の不同舎に入った。教員生活をへて、1900年 不同舎の学友、満谷国四郎、丸山晩霞、河合新蔵等と共に渡米し、すでに渡米していた吉田博、中川八郎らと展覧会を計画し、ボストンにて開催。その収益を基に欧州へ渡る。ローランス(フランス。歴史画の大家、ジャンー=ポール・ローランス)に学ぶ。帰国後、京都に住み画塾を開くかたわら中沢岩太、浅井忠らを助けて関西美術院の設立にも尽力。1906年 斎藤与里、伊庭慎吉を伴い再渡欧。帰国後1908年に関西美術院長。文・帝展審査委員として力作を発表した。1916年 三度めの渡欧。1918年 フランス、スペイン、アメリカを経て帰国。京都にて鹿子木下鴨家塾を開設。林重義、小林和作などが入門。1924年 帝展審査員となる。1941年京都にて歿。享年66歳。
主な収蔵美術館は東京国立近代美術館、東京都現代美術館、倉敷市立美術館、ふくやま美術館他

>

Back To Top



鴨居 玲(1928-1985)

1928年(昭和3年)長崎に生れる。 1949年金沢美術工芸大学卒業。在学中に二紀展初入選。二紀同人。1954年二紀展で同人努力賞。1958年二紀展同人賞授賞。1959年から1961年までフランスに滞在。シェル賞、昭和会展で授賞を重ね、1969年安井賞授賞、1973年二紀展文部大臣賞を受けた。1982年二紀会委員を経て、同会を退会。1985年神戸で歿。虚無的な空間美を描いて、現代の不安や人間の深層心理を鋭く突く作風で知られた。 代表作に「静止した刻」「私の話を聞いてくれ」などがある。

Back To Top



川島理一郎(1886−1971)

1886年(明治19年)栃木県足利に生れる。父が生糸事業に失敗し、渡米する。幼少時代は母の実家の日本橋で育つ。1905年、父を頼り渡米。父の仕事を手伝う。1906年ニューヨークのパブリックスクールを卒業し、ワシントン商業高等学校、とコーコラン美術学校(夜間)に通う。1909年コーコラン美術学校の本科に通う。1910年4年の課程を2年でおえ、卒業。191年更にパリに留学してアカデミー・ジュリアンに通う。同じ教室で安井曽太郎、満谷国四郎も勉強していた。1913年フジタと親交を深める。1913年、日本人として初めてサロン・ドートンヌに入選。1914年戦時下のパリでフジタらと万国連合赤十字に志願して働く。1915年渡米。1919年日本を出て14年ぶりに帰朝。3ヶ月日本に滞在しただけで再びパリへ。1922年サロン・ドートンヌ会員に推挙される。1923年帰国。この年の関東大震災でアトリエが焼け滞欧作品200余点を焼失した。1924年白日会の創立に参加、会員となる。1925年新たに設けられた国画創作協会の第2部(西洋画)の同人に梅原龍三郎とともに迎えられる。1928年国画創作協会の解散により国画会を設立。椿貞雄、河野通勢、高村光太郎らを会員に迎える。1930年、シベリア経由で渡欧。1935年国画会を退会するまでの間、朝鮮、台湾、中国、スペインと旅行する。1939年陸軍の嘱託として中国に渡る。1946年女子美術専門学校の教授となる。日展の審査員を務める。1948年日本芸術院会員に推挙される。1958年日展の理事を務める。1971年東京で歿。享年85歳。

Back To Top



北川民次(1894-1989)

1894年(明治27年)静岡県に生れる。 1913年早稲田大学を中退し、アメリカに渡り、ニューヨーク、アート・スチューデント・リーグでジョン・スローンに師事。1923年メキシコに移り、サン・カルロス美術学校卒業。ディエーゴ、リベーラ、オロスコ、シケイロスらと交遊。1924年前期野外美術学校で、メキシコ美術運動のグループに入り、革命後の美術運動に参加した。1931年タスコの野外美術学校校長となり、児童の美術教育に当たった。1936年美術学校を閉鎖し、帰国。翌年二科会会員となる。1964年第6回毎日現代美術展で優秀賞を受ける。1976年メキシコ政府よりアギラ・アステカ勲章を授与される。1978年二科会会長となるが同年辞退。 1989年 愛知県で歿。 代表作に「メキシコの三童女」などがある。

Back To Top



木内 克(1892-1977)

茨城県水戸に生れる。1912年に彫刻を志して上京、朝倉文夫の塾で学び、1916年の第10回文展に初入選して彫刻家としての第一歩を踏み出した。1921年渡英。1922年パリに行き在仏15年間において独自の作風を築き上げた。1936年-40年まで二科展に出品。1948年第2回新樹会展でテラコッタによる作品で実質的なデビューを飾り、高く評価される。1951年新樹会会員。同年第3回毎日美術賞、1962年第5回現代日本美術展優秀賞、70年第1回中原悌二郎賞を受賞した。没年の翌年1978年茨城県立美術博物館で遺作展が開催されている。1977年歿。

Back To Top



久保 守(1905-1992)

1905年(明治38年)札幌に生れる。 1923年画家を志し上京。本郷絵画研究所で学ぶ。1924年東京美術学校(現東京藝術大学)西洋画科に入学。1926年 岡田三郎助に師事。また石井鶴三を訪ね、たびたび指導を受ける。1927年 春陽会展にて初入選。1929年梅原龍三郎の知遇を得、教えを受ける。東京美術学校卒業。1930、31 渡欧。1932年春陽会を離れ国画会会友に推される。1937年国画会同人。1938年文部省美術展に「かんな」を出品し入選する。1943年国画会会員。1944年東京美術学校油画科講師、後 助教授になる。1952年日本国際美術展に招待出品。1966年東京芸術大学美術学部教授に就任。1972年定年退官する。1984年名誉教授となる。1992年 87歳にて死去。 1997年 松涛美術館にて特別展 久保守が開催された。

Back To Top



木村荘八・・きむらそうはち(1893-1958)

1893年(明治26年)東京日本橋生まれ。 1912年白馬会葵橋洋画研究所に入所。美術学校受験に失敗し、岸田劉生と知り合う。岸田劉生、清宮彬、斉藤与里、萬鉄五郎らとフューザン会を結成。その第一回展を読売新聞社楼上に開く。1913年フューザン会は2回で解散になったが1915年草土社を結成。1922年春陽会結成に客員として参加。この年第9回草土社展をもって解散。以降春陽会展に数多く出品。大正期前半の革新的な美術グループに加わった個性的な画家であり、海外の美術書を積極的に翻訳紹介し、同時代の人に美術の知識を提供する役割を果たした。また芝居や花柳界などの日本の伝統的な世界を油絵や日本画で描いた。永井荷風の「墨東綺譚」、「たけくらべ」などの挿絵も残した。 1958年 東京で歿。春陽会葬を以って行われた。1959年 晩年の著作「東京繁盛記」を主対象として芸術院恩賜賞を受ける。

Back To Top



神下雄吉・・こうげゆうきち(1893-1958)

1934年 中国大蓮生まれ。 1947年 本籍地の香川県小豆島に帰国。1957年大阪心斎橋洋画研究所に学ぶ。1964年 フランスに渡る。1965〜1967年 パリ国立高等美術学校に学ぶ。1970〜'78、81年  国際形象展に招待出品。1982〜2011年 東京銀座和光ホールにて油絵展を11回開催。2004年 40年ぶりに帰国。香川県内海町にアトリエを構える。現在サロン・ド・ドートンヌ会員、サロン・ ナショナル・デ・ボザール会員。

Back To Top



古茂田守介・・こもだもりすけ(1918-1960)

1918年(大正14年) 愛媛県生まれ。 1936年画家への道を進む兄の影響で絵を描き始める。 1937年上京し、中央大学法科に入学。兄の紹介で猪熊弦一郎に会う。まもなく猪熊の新制作田園純粋美術研究所に通い始める。 1938年猪熊弦一郎が渡欧の為 脇田和に師事。1939年中央大学を中退。隣人の紹介で大蔵省に勤める。1940年第5回新制作派協会展に「裸婦」が初入選。1941年日本以外の絵を描くために北京大使館に大蔵省外務書記生として赴任。1943年喘息の悪化のために帰国。1946年大蔵省を退職、画業に専念する。第10回新制作派協会展で新作家賞 を受賞。以後制作を重ねる。1950年 新制作派協会の会員となる。日本アンデパンダン展秀作美術展、国際具象派美術展などに出品。1954年結核にかかり、生来の喘息の心配もあり、アトリエにベッドを運び込んでの制作となる。1960年東京、目黒区にて42歳で死去。新制作葬が執り行われた。ものの存在感を重厚に描く個性的な画風であり、 「セザンヌのようになりたい」が口ぐせであったという。持病の喘息に悩まされつづけながら独自の世界を描き続けた。
≪没後主な展覧会≫
・1990年 東京、目黒美術館にて「古茂田守介展 没後30年−ぬくもりと存在感−
・1993年 愛媛県松山市、町立久万美術館にて「古茂田守介 新たな素顔」展
・1995年 愛媛県立美術館他「古茂田守介の全貌展−蘇った「焼失」作品郡を中心に-」

Back To Top



児玉幸雄(1916-1992)

1916年(大正5年)大阪で生れる。 1936年全関西洋画展入選。田村幸之介に師事。1937年二科展入選。1938年全関西美術展で全関賞を受賞。1939年関西学院大学を卒業。1947年二紀会創立展に参加。同人となる。1950年二紀会展で同人賞を受賞。1952年二紀会展で同人優秀賞を授賞し委員となる。1957年はじめて渡欧。1964年以降毎年渡欧し、パリを中心にヨーロッパ風景を描き続けた。1992年 東京で歿。 代表作に「パリーの広場」(文化庁)がある。

Back To Top



小泉 清(1900-1962)

1900年(明治33年) 小泉八雲の三男として東京に生れる。1919年東京美術学校西洋画科に入学。1920年中退した。中退後の消息については不明なことが多い。楽士として転々とした。この間絵筆を執ることはなかったという。1934年 創作に没頭するが、作品は発表せず。1946年戦後初の第一回 新興日本美術展に初出品。読売賞授賞。1947年初個展を開催。1948年一明燈美術賞を梅原龍三郎の推薦により受賞した。1950年小泉八雲生誕100年歳記念小泉清展を松江市公会堂で開催。1953年国画会会員として推挙される。1962年 歿 61歳  代表作に「臥裸婦」東京国立近代美術館などがある。

Back To Top



小堀 進(1904-1975)

1904年(明治37年) 茨城県潮来に生れる。1922年現在の県立佐原高校を卒業後、東京の葵橋洋画研究所で黒田清輝に洋画の基礎を学んだ。教員を勤めながら作品を制作し、1932年白日会展、日本水彩画会展、翌年には二科展に水彩作品を出品して入選する。1934年第11回白日会展で白日賞を受賞。会友に推挙される。日本水彩画会展でもキング賞を受賞。会員となる。1936年白日会会員となる。1940年教員をやめ制作に専念する。荒谷直之介、春日部たすく等と水彩連盟を結成。洋画界における水彩画の地位向上を目指して活躍した。日展への出品を中心に制作を重ねた。1969年改組日展出品「初秋」により日本芸術院賞を受ける。名古屋芸術大学教授に就任。1974年 水彩画の発展に寄与した功績が認められ、水彩画家としてはじめて日本芸術院会員となる。 1975年71歳にて歿

Back To Top



佐分 真(1898-1936)

1898年(明治31年)名古屋市に生れる。 1922年東京美術学校卒業。1924年第5回帝展に「静物」が初入選。1926年白日会会員。1927年小寺健吉に伴われてフランスに渡り、滞在中の1929年光風会会員となる。1930年帰国。帝展で特選を受け1931〜32年再びフランスへ。西洋を憧憬し、追及した世代であり、エコール・ド・パリの忠順な生徒でもあった。帰国して帝展で連続して特選を受賞した。その後は無所属として独自の立場を守ったが、1936年 自宅画室にて自ら命を絶つ。没後に佐分賞が設定された。佐分賞には棟方志功、杉本建吉らがいる。 代表作に「貧しきキャフェの一隅」「室内」などがある。

Back To Top



斎藤与里(1885-1959)

1885年(明治18年)埼玉県加須生まれ。 1905年京都に出て浅井忠、鹿子木孟郎の教えを受けた。同門に安井曾太郎、梅原龍三郎らがいた。1906-1910 鹿子木孟郎に従ってフランスに渡り、パリ、アカデミー・ジュリアンにてジャン・ポール・ローランスの指導を受け、1910年に帰国後、後期印象派及びフォーヴィズムを日本に紹介した。高村光太郎や岸田劉生、木村荘八と交わってフューザン会の結成に参加した。1915年の第9回文展に初入選し、翌年「収穫」出品し、特選を得た。明治末期から大正期の洋画の発展に大きく寄与した。1919年矢野橋村の大阪美術学校に協力。洋画指導、後春陽会員となる。1924年熊岡義彦、牧野虎雄、大久保作次郎とともに槐樹社の創立に参加した。また美術雑誌「美術新論」の主幹としても活躍。帝展、新文展、日展への出品を続け審査員も務めた。1931年槐樹社を解散して、その翌年東光会を高間惣七らと結成し、会頭となった。以後東光会に出品を重ねる。1959年 東京で歿 74歳。 代表作に「収穫」(東京・永青文庫)がある。

Back To Top



佐田 勝(1914-1993)

1914年(大正3年)長崎生まれ。 1939年東京美術学校油絵科を卒業し、藤島武二に師事した。同年美術文化協会の創立に参加した。1939年より1948年まで芝浦工業専門学校建築科教授を務めた。1951年日本ガラス絵協会を創立した。1993年東京で歿。

Back To Top



佐野繁次郎(1900-1987)

1900年(明治33年)大阪に生れる。 1916年ころ佐伯祐三と知り合う。1924年 創立されたばかりの信濃橋洋画研究所に通う。小出楢重に師事する。1929年 二科展第16回展に初出品。1930年 雑誌の表紙、カットや新聞の連載小説の挿絵などを手がけた。1937-39年 渡仏。アカデミー・ジュリアンとアカデミー・ショミエールに学び、アンリ・マチスに師事。1947年 第一回二紀展に出品。1951年再び渡仏。パリの画廊で個展開催。1953年帰国。1954年第一回現代日本美術展に出品。以後第9回まで出品。1955年銀座名店街の広報誌「銀座百点」の創刊号の表紙を手がけ1969年まで担当する。1958年 第2回グッゲンハイム国際美術展に出品。1965年 レストラン「レンガ屋」の店舗設計,ロゴなどをデザインする。また銀座セントメリーフジヤマのロゴを作成する。1987年熱海で死去。享年87歳

Back To Top



斎藤真一(1922-1994)

1922年(大正11年)岡山に生れる。 1948年東京美術学校を卒業。1959年フランスに留学して藤田嗣治らと親交を結んだ。1971年安井賞展で佳作賞を授賞。1973年日本エッセイストクラブ賞授賞。津軽地方の三味線を弾き語る瞽女を主題とする作品に取り組んだ。1994年東京で歿。

Back To Top



菅野矢一(1909-1991)

1909年(明治42年)山形に生れる。 1922年 山形商業学校入学。山形師範学校の佐藤左内にデッサンを、小塚義一郎に油絵を学ぶ。山形地方初めての洋画展第一回毒地社洋画展覧会(山形市役所において)で入選。1924年小学校の代用教員、新聞社の校閲のアルバイトをしながら油絵の勉強を続ける。 1936年文展初入選。1937年上京する。1938年川端画学校へ通う。その後安井曽太郎に師事する。1941年第5回一水会展に初入選。1946年一水会会員。戦後は日展、一水会で活躍した。1979年日展で文部大臣賞を受賞。1982年日本芸術院賞を受賞し、1986年日本芸術院会員に選ばれた。1991年東京で歿。

Back To Top



須田剋太(1906-1990)

1906年(明治39年)埼玉県生まれ。 旧制熊谷中学卒業後、川端画学校で学び、東京美術学校を受験するが合格せず、その後は独学で描くようになる。1933年第10回白日会展で須田刻闘の名で「燻製鮭」が入選。1934年光風会の寺内萬治郎から才能を認められ光風会に入るようすすめられる。1935年第22回光風会展で入選。1936年第23回光風会展F氏奨励賞を授賞。1937年第24回光風会展で光風賞を受賞し会友に推挙される。1938年第25回光風会展で光風特賞受賞。1939年第2回文展「読書する男」で特選。1940年光風会会員となる。1941年関西へ居を移す。1949年官展系の雰囲気になじめず、光風会を離れ国画会会員となった。1949年頃から激しい感情を込めた抽象画を描いた。日本国際美術展、現代日本美術展など国内、海外展に出品。1957年サンパウロ・ビエンナーレでは日本代表の一人に選ばれた。1962年西宮市民文化賞を受賞しその後も1971年兵庫県文化賞、1977年大阪芸術文化賞を受賞した。1990年兵庫県で歿。

Back To Top



須田 寿(1906-2005)

1906年(明治39年)東京日本橋に生れる。 少年期は遠縁の下村観山のアトリエに遊びに行き、日本画家の生活に触れる。1924年 成蹊中学校卒業後、川端画学校でデッサンを勉強する。1926年 東京美術学校西洋画科に入学。長原孝太郎、和田英作の指導を受ける。1930年第11回帝展で「裸婦」初入選。1931年美術学校卒業。1940年 その当時の日展のあり方に危機を感じた無所属作家である阿以田治修・大久保作次郎・安宅安五郎・中野和高・鈴木千久馬・佐竹徳等と創元会を結成。1949年 慶応義塾中等部美術技術担当教諭となる。又 牛島憲之ら同士7名と創元会を退会。公募展に対する批判をもってグループ形式の会 立軌会を結成した。以後1949年第一回立軌会展を開催し現在に至る。1965年 武蔵野美術造型学部大学教授になる。1978年退官。名誉教授になる。1982年 第6回長谷川仁記念賞受賞。1985年芸術選奨文部大臣賞授賞。1993年須田寿展が世田谷美術館で開催。2005年1月 98歳にて歿。

Back To Top



関口俊吾(1906-2005)

1911年  兵庫県神戸市熊内に生れる。1931年 鹿子木孟郎に師事。1935年 渡仏。1926年 東京美術学校西洋画科に入学。長原孝太郎、和田英作の指導を受ける。1930年第11回帝展で「裸婦」初入選。1931年美術学校卒業。1936年 招聘留学生の資格を得、パリ国立高等美術学校に入学する。1936年 サロン・ドートンヌで入選。1941年 日本に帰国。1951年 再び渡仏(戦後の渡仏者としては、荻須高徳、藤田嗣冶についで三人目であった)1952年 サロン・ドートンヌで再び入選。1959年 パリアンデパン賞受賞。1964年 ディプローム・ドヌール(名誉表彰)賞を受賞。2002年 91歳にて歿。

Back To Top



曽宮一念(1893-1994)

1893年(明治26年)東京に生れる。 1911年東京美術学校西洋画科。同級に耳野卯三郎、鈴木保徳、寺内萬次郎、小糸源太郎、教授に藤島武二、黒田清輝、長原孝太郎、和田英作などがいた。在学中に文展入選。1921年敬愛する中村彝宅近くにアトリエを構え病身の中村の世話をする。第8回二科展に初入選。1925年二科展で樗牛賞を受賞。1926年 第13回二科展に出品後、会友となる。1931年二科会会員となる。1935年独立美術協会会員となり、第5回独立展に作品を発表するが1937年退会。1941年安井曽太郎、牧野虎雄等と湶晨会を結成。戦後は国画会に出品し、奔放で大胆な色彩で自然を描いた作品を発表した。1971年緑内障が原因で失明。画家活動に終止符をうつ。1994年静岡県富士宮で歿。

Back To Top



互井開一(1904-1967)

1904年(明治37年)埼玉県生まれ。1924年 埼玉師範学校を卒業。東京美術学校を受験するが失敗し、県下の学校の美術教師を勤める。 1932年上京。美術教師をしながら日本水彩画会、太平洋画会に出品する。1934年 第21回二科展に初入選。旺玄社展でも受賞す。1940,1941年と銀座の画廊で個展。1943年古郷八郎、滝沢清とともに三紀会を結成し、第1回展を銀座さざれ画廊で開催するが、戦争のために中断する。1946年 日展に出品。1947年 白日会会員となる。1948年 白日会を脱退する。1949年新水彩作家協会(1955年三軌会と改称)を結成。責任者となる。日本橋の柳屋画廊で開き、互井開一、古郷八郎、前林章司、瀧沢清ら9人が出品した。1957年 渡欧。1958年日本橋白木屋で滞欧作品による個展。1963年2度目の渡欧。1967年東京で歿。享年63歳。国立近代美術館に「オンフルール風景」 1963年制作が収蔵されている。

Back To Top



田辺 至(1886-1968年)

1886年(明治19年)東京神田猿楽町に生れる。 1904年東京美術学校西洋画科に入学。1907年第一回文展に出品。1910年美術学校卒業後ひきつづき同研究科に在学、勧業博覧会、出品作で2等賞授賞。美術学校助手となる。1918年第12回文展で特選。光風会会員となる。平塚運一らと日本創作版画協会を設立。1919年東京美術学校助教授となる。1922年文部省在外研究員としてヨーロッパに留学中、エッチングの技法を深める。(注※)1924年帰国し、美術学校教授となる。1925年第12回光風会に滞欧作品50点を出品。1926年牧野虎雄らの槐樹社に参加。槐樹社同人にて「美術新論」創刊。1927年第8回帝展にて「裸体」が帝国美術院賞を受けた。1928年東京美術学校教授に就任。まじめな人柄で長年にわたり後進の育成にあたった。1944年東京美術学校を退官する。1947年鎌倉にて油絵個展、鎌倉美術家クラブを創立。1968年鎌倉で歿。堅実温雅な作風は、趣味の音楽が作品に大きな影響を与えている。
(注※)田辺至は日本におけるドライポイント・エッチングの先駆者でもあった。当時(1921年頃)エッチングは苦労が多いばかりで、世間から認められず、作品も世に現れなかったが、困難を乗り越えて初めてエッチング作品を完成させた。

また代表作に「ギタリスト」油彩 キャンバス 1923年作(三井コレクション)などがある。

Back To Top



田辺三重松(1897-1971年)

1897年(明治30年)北海道函館に生れる。1916年北海道庁立函館商業学校を卒業。 1919年家業の呉服商に従事しながら絵画グループを結成し、1926年北海道美術協会会員となる。以降道展に出品する。1928年家業を廃業し函館市の小学校教員となる。1928年二科展に初出品し入選する。1931年第18回二科展に出品し、入選。。1936年題23回二科展で特選を受賞。1938年二科の会友となる。1945年行動美術協会創立。全道美術協会創立。1948年北海道文化賞受賞。1956年東京に転居。1971年東京で歿。享年74歳。

Back To Top



田村 孝之介(1903-1986)

1903年 大阪、船場に生れる。1920年 17歳の時に上京し、太平洋画会研究所に学ぶ。1924年に大阪、信濃橋の日清生命ビル内に信濃橋洋画研究所が創設され、開所と同時に移る。この時の講師には国枝金三、鍋井克之、黒田重太郎、小出楢重等がいた。この年の5月に大阪市美術協会第一回展が開かれ出品する。1926年二科展において「裸婦」が初入選。1927年全関西賞を受賞。1928,1929と二科展で入選。1931年信濃橋洋画研究所が中之島に移転し以降中之島洋画研究所と改称し、講師となる。また六甲洋画研究所を開設し指導にあたる。1932年 二科会友に推挙される。1934年大阪商船高千穂丸の処女航海に招待され、小磯良平と台湾に赴く。帰国後小磯良平・田村孝之介台湾風景展を神戸にて開催。1935年中国、青島にスケッチ旅行をする。1937年二科展に出品し、会員に推挙される。1938年栗原信、宮本三郎とともに朱玄会を結成する。1944年中之島洋画研究所が解散。1947年熊谷守一、宮本三郎らとともに二紀会を創立。以降、東京都美術館で毎年開催する事とした。1952〜1953年渡欧。1953年滞欧作品展が梅田の阪急百貨店で開催。1955年兵庫県文化賞受賞。1962〜1963年アメリカ、ヨーロッパへ旅行。1964年 作品展にて滞欧米作品四十六点を出品する。1974年二紀会理事長に就任。1975年安井賞の選考委員を務める。1984年日本芸術院会員。1985年文化功労賞に選ばれる。1986年神奈川県藤沢市で歿。代表作に古城の街「古城の街」「アトリエに憩う裸婦」などがある。

Back To Top



鳥海青児(1902-1972)

1902年(明治35年)神奈川県平塚で生れる。 1921年 関西大学で経済学を学び、在学中に油彩画への関心を強め、1924年第2回春陽会展に出品し、初入選。三岸好太郎らと麗人社を結成する。1927年大学卒業。1928年第6回春陽会展で春陽会賞を授賞。1930年 この年より春陽会無鑑査となる。ヨーロッパに出発。ソ連、ドイツを経てパリへ行く。パリでドラクロア展をみて刺激を受け約1年半にわたってアルジェリア、モロッコなどを旅行する。1932年 ゴヤ、レンブラントをみるためにマドリッド、アムステルダムへも度々旅行する。1933年に帰国。春陽会会員に推挙される。春陽会第11回展に滞欧作23点出品。この頃から絵の具に砂を混ぜ、絵が汚いといわれながらも、独自の色彩とマティエール(絵肌)を追求した。1943年春陽会退会。独立美術協会会員に推挙される。1955年 第4回文部大臣賞授賞。芸術選奨授賞。1958年第3回国際日本美術展最優秀賞受賞。1966年鳥海青児回顧展開催(神奈川県立近代美術館)1972年 東京にて歿。

Back To Top



高田誠(1913-1992)

1913年(大正2年)埼玉県浦和に生れる。 1929年 第16回二科展「浦和風景」で初入選して早熟な才能を示し、中学生で入選したということで、マスコミの話題となる。(以降1936年まで出品)1930年 安井曽太郎に師事。1931年埼玉県立浦和中学校卒業。安井の紹介で二科技塾に入り、安井や熊谷守一、石井柏亭、山下新太郎らに学んだ。1938年第2回一水会出品作で一水会賞授賞。1942年第5回文展で特選授賞。1946年第2回日展で特選授賞。一水会会員となる。1955年埼玉大学教育学部美術科講師を勤める。1962年 日展評議員。1965年 埼玉文化賞授賞。1968年第11回日展出品作で文部大臣賞授賞。1972年前年度日展出品作「残雪暮色」にて日本芸術院授賞。1973年日展理事。 1978年日本芸術院会員となる。1992年浦和で歿 高田誠の描く風景は、特定の場所を描きながら、どこにでもありえる、たたずまいを見せるものでした。その点描技法は、その細かい色点が微妙に響きあい、優雅でほの暖かい抒情性を持つものであった。

Back To Top



高橋忠弥(1912-2001)

1912年 東京 神田に生れる。1915年 父の転職により北海道に移り、空知郡砂川村で小学校生活を送る。3年で母の郷里の岩手県盛岡市に移る。1927年 岩手師範学校に入学。、在学中から美術、文学に興味を持ち、同人誌を主宰、当時の岩手日報にも寄稿し掲載されていた。1931年 第3回独立美術協会展に出品し初入選。1933年 岩手師範学校卒業。教師となる。1938年画業専念とし、東京千駄ヶ谷に転居する。1939年から1944年まで雑誌社、通信社の特派員として中国北京、上海、蘇州に滞在する。1943年に独立美術賞。1949年 独立美術協会会員となる。1953年10月の第21回独立展に出品した「月と橋」「月と車」「月と箱」の3作品は好評を博した。1955年には立教大学美術クラブの顧問に就任。1961年文部省、1963年国会にそれぞれ作品買い上げを受ける。1964年30年連れ添った夫人が他界。1965年 渡欧を決行。パリを中心に各地を旅行する。1969年独立美術協会を退会する。同年11月に銀座の画廊で滞欧作品の個展開催。洗練されたタッチと色彩で好評を博した。1970年 再び渡欧。1972年パリから南仏のビオットに移る。1976年 フランスより帰国。2001年1月東京にて歿。「洋画の技法」「西洋絵画の話」等数冊の著書がある。国際形象展第3回〜13回まで招待出品。
高橋忠彌展:2007年12月に 萬鉄五郎記念美術館で開催されている。
参考書籍に藤富康子『月と車──高橋忠弥の世界』(あざみ書房、2007)がある

Back To Top



竹谷富士雄(1907-1984)

1907年(明治40年)新潟県生まれ。 1925年上京して太平洋画会研究所に入り石膏デッサンを学ぶが興味を持てず、この頃の思潮の影響を受け、法政大学経済学部へ入学する。1932年大学卒業後、渡欧。シャルル・ブランの研究所や林武の画室へ通う。1935年帰国後、1936年二科展に出品して藤田嗣治に師事する。1937年特待賞を授賞。1938年藤田嗣治と沖縄に旅行する(1ヶ月滞在)。1940年第27回二科展で佐分賞授賞。1947年新制作派展新作家賞。1961-62年より再び渡欧。1966年国際形象展で愛知県美術館賞を受賞した。1969年渡仏、マルセル・ギヨ画廊で個展開催。1970年東京、大阪で。1973年一時帰国して東京、新潟で個展開催。1976年約8年間の滞仏を終えて帰国。新制作派協会会員として活躍した。1984年東京で歿。 代表作に「廃墟のヴィナス」「立像」

Back To Top



寺田竹雄(1908〜1993)

1908年 福岡に生まれる。1932年サンフランシスコ芸術大学大学院を修了。3年首席。 同学で野田英夫と交友 その後、米政府の依頼でサンフランシスコ市コイト記念塔内に壁画を描く。 35年帰国 。1936年第23回二科展に初出品。1938年第25回展で特待となる。1945年二科会再建に参加し、会員となる。1953年第38回展で会員努力賞、1969年第54回展で青児賞。1976年第61回展で総理大臣賞。1978年社団法人二科会の常務理事となる。1980年日本美術家連盟理事長となる。 1984年日本芸術院賞受賞。1990年日本芸術院会員に就任。写実を基礎に、裸婦や現代風俗など優れた作品を発表し、美術家の国際交流にも貢献した。

Back To Top



中村直人(1904-1981)

1904年(明治37年)長野県上田に生れる。 1918年 白樺主催の美術展覧会でロダンの彫刻とデッサンをみて深い感動を覚える。1920年山本鼎の紹介で彫刻家の吉田白嶺に師事する。1926年 第13回日本美術院展で木彫「清韻」が初入選。1930年 第17回日本美術院展で「道化役者」美術院賞。以降制作を重ね美術院展に作品を発表。歴史的な人物像やタカなどをシャープに彫り上げた。1936年日本美術院同人。1940年 第4回新文展で審査員を務めた。同年陸軍美術展陸軍大臣賞を受賞。1951年渡仏。滞在中はフジタ嗣治の影響を受け、日本画的画描法を西洋画のグワッシュに利用した。 パリの画廊で個展開催。「フジタ以来30年ぶりの発見」と評される。1964年帰国。1966年第51回二科展に「裸婦横」を招待出品。1970年第55回二科展「居酒屋」で努力賞、1980年第65回二科展「会合」総理大臣賞を授賞した。1981年東京で歿。

Back To Top



中西利雄(1900-1948)

1900年(明治33年)東京生まれ。1916年新宿の私立日本中学校に入学。図画教師の水彩画家真野紀太郎の教えを受ける。1920年 日本水彩画仮研究所に研究生として通う。1922年 東京美術学校西洋画科に入学。第9回日本水彩画会展に初入選。1924年 太平洋画会展に入選。水彩画会会員に推される。第5回帝展に初入選。1925年 光風会展で光風会賞を受ける。1928年渡仏、31年帰国。1932年第19回日本水彩画展に渡仏作品27点を陳列。1935年帝展改組にともなう第2部会展で「婦人帽子店」が特選。文化賞を受け会員に推される。1936年 芸術運動の純粋化を唱えて、新制作派協会を結成。1948年 中野区の自宅にて48歳で病死。

Back To Top



中沢弘光(1874-1964)

1874年(明治7年)東京に生れる。 1887年 曽山幸彦に師事。1892年 曽山幸彦の死後、堀江正章の指導を受ける。1896年 東京美術学校西洋画科入学。黒田清輝に師事。1897年 明治美術会春季展、白馬会展に出品。1900年 東京美術学校卒業 。1907年 第一回文展に「夏」を出品。1912年 白馬会解散後、三宅克己、山本森乃介ら7人と光風会を創立しこの会を育てた。1913年 日本水彩画会創立会員 。1920年 聖徳太子1300年記念美術展に「奈良郊外」を出品。 1924年 白日会創立会員。 1930年 帝国美術院会員。 1937年 帝国芸術院会員 。1944年 帝室技芸員 。1957年 文化功労者に顕彰される。 1964年 東京で歿。 日本的な風景、特に京都、奈良を終生こよなく愛し続けた。穏やかな叙情的な画風で知られる 。

Back To Top



南城一夫(1900−1986)

前橋市一毛町に生まれる。1912年、旧制前橋中学入学。同期に、洋画家横堀角次郎、詩人萩原恭次郎がいた。1918年、旧制前橋中学を卒業して上京、岡田三郎助の主宰する本郷絵画研究所で絵を学び、同所で岡鹿之助、伊藤廉と知り合う。1920年、東京美術学校西洋画科入学岡田三郎助の教室に学ぶ。1924年、美術学校5年在学中に、岡鹿之助と共に渡仏。1925年、滞仏中のまま東京美術学校西洋画科卒業。戦争により帰国を余儀なくされる1937年まで滞仏。ロジェ・ビッシェール、アンドレ・ロートなどに学ぶ。12年間の滞仏中 サロン・ドオトンヌ、アンデパンダン展などに出品。1937年大連を経由して帰国する。1939年、横堀角次郎に勧められて第17回春陽会に出品。翌年、会友となる。1942年、会員に推薦される。1953年〜1959年頃、日本国際美術展や現代日本美術展などにも出品したが、春陽会を主な発表の場として活動。1966年、銀座・兜屋画廊での個展、1977年、銀座・松坂屋で回顧展、1981年、群馬県立近代美術館での「南城一夫展」がある。前橋の借家を離れることがほとんどなく、安中に転居して1986年永眠。

Back To Top



河野通勢(1895-1950)

1895年(明治28年)群馬県伊勢崎に生れる。 のち長野市に移る。1908年長野県立長野中学校入学。写生に行った上高地で高村光太郎に逢い批評を受ける。関根正二の訪問を受ける。1914年長野県立長野中学校を卒業する。独学で油絵を学び1914年第一回二科展に出品。以後、二科展に出品を続ける。1915年岸田劉生と知り合い、岸田宅で椿貞雄らを知る。1916年草土社展に特別出品として素描数点を出品。1918年草土社同人となる。以後1922年草土社解散まで出品を重ねる。1924年第2回春陽展で春陽会賞を受賞する。1926年春陽会会員となるが翌年退会。1929年梅原龍三郎主宰の国画会に入会し、会員となり第4回国画会展に出品。以後第16回国画会展まで作品を発表。油絵の他、版画や新聞挿絵の分野でも活躍する。1950年、東京で歿。享年54歳。 父 河野次郎も高橋由一に師事した画家であり、ご子息通明氏も洋画家。若い頃、高村光太郎、関根正二とも交友があり、大正のよき時代を岸田劉生、中川一政、木村荘八、椿貞雄らと草土社の同人として活躍した。

作品あり⇒『ペリクレスとアンドロメダ』両面

Back To Top



椿 貞雄(1896-1957)

1896年(明治29年)山形県米沢市に生れる。 1914年上京、のちに岸田劉生に師事。1916年草土社同人となるとともに、巽画会院展二科会展などにも出品。岸田劉生の家に足繁く出入りし、「白樺」の武者小路実篤、長与善郎を知る。依頼三人の人間及び芸術感は終生 椿に大きな感化と影響を与える。中川一政、河野通勢とも知る。1922年春陽会の創立に客員として参加。1924年春陽会会員になる。1927年大調和会鑑査委員となり、春陽会を脱退する。1929年国画会会員となる。1932年 渡欧。1933年 滞欧作品展開催。1940年朝鮮、満州旅行。京城にて個展開催。1950年第24回国画会展に「鮭図」を発表。 1951年 孫・彩子の肖像を描きはじめる。1957年千葉市で歿。 代表作に「髪すき」(東京国立近代美術館)などがある。

Back To Top



長谷川利行(1891-1940)

1891年(明治24年)京都府に生れる。 中学校時代から文筆に従い、歌集「木葦集」を自費で刊行する。1921年ころ、時折上京し、「講談雑誌」に大衆小説を書く。岩田専太郎、矢野文夫らと知り合う。1923年第一回新光洋画会展に「田端変電所」が入選。1927年第14回二科展で樗牛賞を授賞。1928年第3回1930年協会展で1930年協会賞をうける。このころ里見勝蔵、靉光、麻生三郎、井上長三郎らと交友する。1929年第4回1930年協会展に「靉光氏像」「赤い機関車庫」「人物」を出品する。1932年頃より、浅草、千住、三河島界隈を放浪する生活が始まる。キャンバスもなくたばこの空き箱、帳簿や青写真の裏側などに下町の絵を書いた。1933年、浅草に集まった詩人、小説家、画家、芸人などのグループ 超々(シュルシュル)会に参加。1936年天城画廊にて個展を開催。1937年より二科会を去り、第一回一水展に出品。1939年胃潰瘍に苦しみ制作活動は極度に低下した。 1940年三河島の路上で倒れ板橋養育院にて死去。

Back To Top



塙 賢三(1916-1986)

1916年(大正5年)茨城県土浦に生れる。 若い頃は電気工学を学び、モーターを主に商う電気器具の仕事をしていた。1943年妻の影響で絵に興味を持つ。福田義之介(藤島武二に師事)に描き方を教えられる。1944年日本アンデパンダン展に出品し、初入選。1945年白日展初入選。 1946年二科展に初入選。1949年第34回二科展で岡田三郎賞を受賞。以後出品を重ね、1950年35周年記念賞を受賞し、1953年二科会会友に推挙される。1959年ニューヨークの国際展に出品し、たまたま見に来ていたダリから激励される。待望の個展をニューヨークで開催。1962年二科会員となる。サロン・ドートンヌの会員であった。1986年持病のぜんそくのため東京で死去。一色で塗られた背景のまえで三角帽子の道化を大きく描いた作品や、豆人形のように人物を小さく描いた作品で知られ、独自の童画のような作風が特長である。没後『塙賢三画集 道化に生きる』(1988年)が刊行された。

Back To Top



原 精一(1908-1986)

1908年(明治41年)神奈川県藤沢に生れる。 1923年萬鉄五郎に師事する。川端画学校に通う。1926年国画創作協会洋画部に出品し入選。1927年第5回春陽展に入選。以降重ねて春陽会展に作品を出品し、第14回で春陽会賞授賞。1937年春陽会、会友に推挙される。1937年応召。従軍しながら作品出品を重ね1942年第2回岡田賞を受賞。会員に推挙される。1945年ビルマで終戦を迎え1946年タイでの抑留生活を終え帰国。1947年第2回新興美術展に出品。読売美術賞授賞。1948年国画会展に推薦会員として入会し、出品。(以後、1967年国画会を脱会するまで出品を続ける)1954年第一回現代日本美術展に出品。1957、58年渡欧。1960以降国際具象派美術展、国際形象展(1961年第2回〜1985年第24回まで連続出品。第11回に同人となる)1975年女子美術大学教授に就任。1977年神奈川県立近代美術館で「原精一展」開催。1986年東京で歿。

Back To Top



平野 遼(1925-1992)

1925年(大正14年)福岡に生まれる。独学で絵を学び、1949年新制作展に初入選。自由美術協会会員をへて1964年主体美術協会の創立に参加。1975年同会を退会して無所属となり、北九州小倉を拠点に制作を続けた。1992年福岡で歿。 代表作に「昼と夜」「裸形の風景」などがある。

Back To Top



福井良之助(1923-1986)

1923年(大正12年)東京日本橋に生れる。 小学生時代から絵が好きで、中学3年生のとき画家になろうと決心する。1940年 東京美術学校工芸科鋳金部に入学。鋳金の実技に興味がもてず、しきりに油絵を制作。1944年東京美術学校を卒業。1946年太平洋画会展に「みちのくの冬」出品。一等賞授賞。1954年に自由美術家協会第18回展で佳作賞を授賞。以後、美術団体展を離れ、ほぼ毎年のように個展を開くとともに、日本国際美術展、現代日本美術展、東京国際版画ビエンナーレ展、国際形象展などを主な作品の発表の場とした。1963,1964年にアメリカで個展を開催。1972,1973年にヨーロッパ取材旅行。1976年には中国、イランに取材旅行する。1986年神奈川県鎌倉で歿。 繊細な技巧、優美な叙情をたたえた風景、人物を描いた。 代表作に「虫かご」「さっこう」などがある。

Back To Top



福沢一郎(1898-1992)

1898年(明治31年)群馬県富岡町に生れる。 1918年現在の東京大学文学部に入学して一息ついた頃、上野の谷中天王寺、朝倉文夫の彫塑塾に入門した。ここで6歳年上の木内克と知り合う。1922年第4回帝展彫刻部に「酔漢」で初入選。1924〜31年渡仏。パリですでに滞在していた佐伯祐三、中山巍、高畠遠四郎らと交友する。この当時のパリはエコール・ド・パリの最盛期に当たり、パリにいる間、巨匠たちの名品に触れ多くの影響を受けた。次第に彫刻から絵画へと移行する。滞欧中に二科展、独立展に出品したシュールレアリスムの絵画が大きな反響を呼んだ。帰国後、1930年独立美術協会の結成に参加。以後同展に出品。1939年美術文化協会結成に参加する。翌1940年第一回美術文化協会展が東京府美術館で開かれ出品。1949年脱退。1946年日本美術会の結成に参加。翌年に日本アヴァンギャルド美術クラブ創立に参加。1952〜54年欧米旅行。1954年 美術文化協会へ再所属するが1957年再び脱退。1957年第7回芸術選奨文部大臣賞受賞、第4回日本国際美術展で「埋葬」が優秀賞受賞。1958年毎日美術賞授賞。1962年第5回現代日本美術展で国立近代美術館賞授賞。1991年文化勲章授賞。 1992年東京で歿。

Back To Top



増田 誠(1920-1989)

1920年(大正9年)山梨県南都留郡に生れる。 1938年旧制都留中学を卒業したのち、農業や看板業のかたわら絵を独学。1950年釧路市に光工芸社を設立。 帝展画家上野山清貢に師事。1952年一線美術展に出品し、授賞を重ねた。1957年フランスに渡る。1958年 サロン・デ・アンデパンダンに出品、以降毎年出品。1960年シェルブール国際展に招待出品し、グランプリを授賞した。1961年 モナコ国際展に招待出品、ボジオ賞受賞。1962年 サロン・ナショナル・デ・ボザールに出品、パリ市近代美術館の会員に推挙される。1963年 サロン・ドートンヌ出品、会員に推挙。1964年 ジェビシー市国際展に出品、名誉賞受賞。1965年 サロン・ナショナル・デ・ボザールの会員となる一方、ル・サロン金賞を受賞するなど、フランス画壇で活躍した。1987年都留市において「増田誠絵画展」を開催。1989年横浜で歿。

Back To Top



牧野虎雄(1890-1946)

1890年(明治23年)新潟県生まれ。1895年父の転職の為、一家で東京に移住。1903年13歳、この頃より画家を志すようになり、白馬会葵橋洋画研究所に通いデッサンを習う。1908年東京美術学校西洋画科に入り、長原孝太郎、和田英作、黒田清輝、藤島武二の指導をうけた。在学中、1912年文展に初入選。在学中の入選と話題になった。1913年東美卒。1915年文展で三等賞、1916・18年文展特選。1922年 帝展審査員となる。以降1935年まで審査員を務める。1924年 田辺至、大久保作次郎、斎藤与里、熊岡美彦等友人を集め槐樹社を創立。(1931年に解散となる) 1929年 帝国美術学校(現:武蔵野美大)教授に就任。1932年門下生を率いて旺玄社を起こした。1935年 帝展改組により帝展出品参加を拒否。帝国美術学校を辞し、多摩帝国美術学校(現:多摩美大)の創立に参加。没年まで教授を務め美術教育の面でも活躍した。1946年歿。享年56歳。
1988年東京都庭園美術館で「牧野虎雄・曽宮一念展」
主な収蔵美術館は東京国立近代美術館、茨城県近代美術館、東京都現代美術館他。

Back To Top



松本 富太郎(1905-1995)

1905年(明治38年)大阪に生れる。 大阪に生まれる。1928年(昭和3年)上京し本郷洋画研究所に学ぶ。田辺至に師事。翌1929年(昭和4年)帝展に初入選。その後も出品を重ね、1953年(昭和28年)日展で特選を受賞した。1955年大久保作次郎、吉村芳松らと新世紀美術協会を結成した。1956年新世紀展で黒田清輝賞、1961年川島理一郎賞を受賞。同37年日展、新世紀美術協会を退会し、同40年同士10名と純粋制作を目標とした近代美術協会を結成し、代表となる。東京、大阪、京都の高島屋で個展を開催した。1995年(平成7年)2月東京にて歿。享年89歳。

Back To Top



南 薫造(1883-1950)

1883年(明治16年)広島に生れる。 1907年東京美術学校を卒業。 イギリスに留学、ボロー・ジョンソンに師事した。のちフランスに渡り、1910年帰国。白馬会第13回展に滞欧作、水彩画9点を出品して白馬会会員となる。第4回文展に初出品し、入選。1913年石井伯亭,白瀧幾之介らとともに日本水彩画会の創立代表となる。文展、帝展に出品するとともに審査員も務めた。1929年帝国美術院会員、のち帝室技芸員。1932年から1944年まで東京美術学校教授を務め後進の指導にも力を注いだ。1950年広島で歿。イギリス写実主義の影響を受けて自然描写に優れ、おだやかな自然観と暖かいヒューマニズムで人物や風景をよく描いた。 代表作に「六月の日」(東京近代国立美術館)などがある。

Back To Top



宮崎進(1922- )

1922年(大正11年)山口県徳山市に生れる。 10代は旅芸人とともに日本各地を放浪する。1938年上京し、本郷絵画研究所に通う。1939年日本美術学校油絵科に学び、大久保作次郎、林武の指導を受ける。1942年 日本美術学校卒業。入隊し、終戦を満州で迎える。ソ連の各地の収容所を転々とする 。1949年山口県徳山に帰る。1951年、上京し、雑誌のカットなどを描く仕事をして生計をたてる。1956年寺内萬治郎に師事し、田村一村の指導を受ける。1959年 第45回光風会展でプールブ賞を受賞する。1963年光風会会員に推挙される。1965年 第8回日展で特選受賞 。1967年 「見世物芸人」にて第10回安井賞受賞 。 1972年光風会を退会し、無所属となる。1976年 多摩美術大学の講師となる。1977年 国際形象展に出品、以後’84年まで出品。1981年多摩美術大学油絵科の教授となる。1984年 「冬の光」で第8回長谷川 仁賞受賞 。1995年 第10回小山敬三賞受賞 。1998年 芸術選奨文部大臣賞受賞 。多摩美術大学名誉教授

Back To Top



御正 伸(1914-1981)

1914年(大正3年)東京日本橋生まれ。 川端画学校、鈴木千久馬絵画研究所に学ぶ。1945年出征などで画家としてのスタートは戦後30歳を過ぎてからで、油絵と同時に、新聞の連載小説の挿絵や本の装丁などの仕事を数多く手がけ、歌舞伎絵も手がけた。 1947年〜70 光風会展に出品。 1950年〜70日展に出品 。1950年 第6回日展に「裸婦」初入選。 1966年 講談社挿絵賞受賞。 1971年 光風会脱退。 1977年 三軌会代表に就任 。1981年 歿 享年66歳

Back To Top



矢崎千代二(1872-1947)

1872年(明治5年)神奈川県横須賀に生れる。 1887〜1893年 會山幸彦・堀江正章の画塾にて指導を受ける 。1894年 天真道場に学ぶ。白馬会展に出品。 1897年 東京美術学西洋画科に入学、黒田清輝に師事する。 1900年 東京美術学校を卒業。 1903年 第5回内国勧業博覧会にて三等賞を受賞。内国勧業博覧会事務局員として渡米、のちヨーロッパに渡り、1909年帰国 。パステル画を主とした個展を開催。1909年 第3回文展出品「夕涼」が受賞。 1916年 再び渡欧し、のちインド、ヒマラヤなどを旅行 。1926年帰国。1930年南米各地続いて中国、ジャワを旅行。1934年帰国。1942年中国東北部(旧満州)、北京に旅行。 1947年 中国、北京で客死した。享年75歳。 1987年 横須賀市にて矢崎千代二回顧展<近代日本洋画の異色作家>が開催された。

Back To Top



山口 薫(1907-1968)

1907年(明治40年)群馬県に生れる。 川端画学校を経て、1925年東京美術学校に入学。1926年に第7回帝展、1929年 1930年協会展に入選。1930年東京美術学校を卒業。第17回二科展に「風景」を出品。初入選する。1930〜33年渡欧。1934年津田正周、長谷川三郎、村井正誠らと「新時代」を結成する。国画会を退会。1937年新時代洋画展の同人らが中心になり自由美術家協会を結成。日本の抽象芸術の先駆的な存在として活躍した。1950年 荒井龍男、朝妻治郎、小松義雄、村井正誠、矢橋六郎、植木茂、中村真とともに自由美術を離れ、モダンアート協会を結成。この年文化学院教員となる。1951年モダンアート第一回展に出品。以後出品を重ねる。この年武蔵野美術学校講師となる。1952年第一回日本国際美術展に「木と紐」「春の鳥」を招待出品。1953年東京芸術大学講師となる。1960年芸術選奨文部大臣賞授与。以降多くの作品を発表。制作を重ねる。1968年東京にて歿

Back To Top



脇田 和(1908-2005)

1908年(明治41年)東京に生れる。 1921年青山学院中等部に入学し、図画教師小代為重先生(太平洋画会会員)より油絵、木炭画の手ほどきを受ける。1923年青山学院を中退し、姉夫婦の転勤先ドイツへ同行する。1925年から5年間ベルリン国立美術大学で学ぶ。1930年帰国する。1932年第8回太平洋画会展に出品し、初入選する。1933年第20回光風会展に出品し光風会賞を授賞。会員に推挙される。第20回日本水彩画会展にパステルの水彩画を出品し、同会の会員に推挙される。1935年第22回光風会展で光風特賞となる。1936年猪熊弦一郎、小磯良平らと新制作派協会の創立に参加。以降新制作展に出品を重ねる。1952年 パリのサロン・ド・メに2点を出品。第一回日本国際美術展に出品。1956年第7回毎日美術賞を受ける。また同年第一回ゲッゲンハイム国際美術展国内賞を受けた他、ベネチアやサンパウロのビエンナーレなどの国際美術展にも出品している。1968年東京芸術大学教授に就任。1970年東京芸術大学教授を退官。1984年 脇田和、野見山曉治、宮崎進新作三人展の第1回展開催以後1988年第4回展まで開催。1991年軽井沢に脇田美術館が開館、館長に就任。勲四等旭小綬章を受賞。 1998年 文化功労者となる。1999年東京藝術大学名誉教授となる。2005年 97歳にて歿。戦後の具象絵画の旗手の一人で鳥や少年をモチーフとする幻想的でこまやかな叙情の世界をうたいつづけている。

Back To Top





用語解説




*小林萬吾(1868-1947)

香川県に生れる。上京して原田直次郎につき、1895年黒田清輝に入門。かたわら東京美術学校選科に学んで1898年に卒業した。1903年第5回内国勧業博覧会に出品、3等賞を授賞して認められ、翌年母校の助教授にあげられた。初期文展開催以来しばしば授賞し、1911年から4年間にわたりフランスへ、イタリア、ドイツに留学、1916年には高等師範学校、1918年には母校の教授となった。1920年帝展審査員となり、白馬会系の穏健な画風によって帝展の指導的立場にあった。1941年芸術院会員となる。

*サロン・ド・メ

サロン・ド・メは1943年、その組織の基礎が形成され、その2年後の1945年、今までの国際公募展のあり方を問うべく第1回展が開催されました。それ以降、毎年5月(年によって多少時期がずれることもあります。)に、国立グランパレ美術館などを舞台に常に新しいアートの姿をパリのみならず欧州の美術界に問いかけてきました。  近年は毎年1回(5月またはその前後)、パリ市内の展示ホール(3区のエスパス・コミヌなど)を開催場所にし、規模は小さいながらも内容の濃い展覧を継続しており、その存在感は現在も充分に感じることが出来ます。

*太平洋画会研究所

太平洋画会が設立された2年後の明治37年に下谷区清水町(現台東区)に絵画・彫塑の研究所が開設された。絵画部は中村不折、吉田博、満谷国四郎、石川寅治など、彫塑部は藤井浩祐らが指導にあたった。昭和4年(1929)研究所を拡張して学校組織とし、太平洋美術学校と改称。出身者に足立源一郎、古賀春江、中村彝、松本俊介、井上長三郎、麻生三郎、中原悌二郎などがいる。

*美術文化協会

1939年福沢一郎を中心にしていくつかの前衛美術団体のメンバーを糾合する形で結成された。日本のシュルレアリスム絵画を掲げる団体としては最大の規模となった。この結成の年は第二次世界大戦が勃発したとしでもあり、戦争という暗い影に覆われつつあった。

*シュールレアリスム

超現実主義

*新人画会

1943年 戦時中であるがゆえの、前衛絵画や美術雑誌の発表規制 のなか、松本竣介の下落合の自宅を事務所とし、友情に結ばれた若い作家達(靉光、麻生三郎、井上長三郎、糸園和三郎、大野五郎、鶴岡政男、寺田政明)が結束した。

*自由美術家協会

昭和12年(1937)本格的な前衛美術団体をめざし、芸術の自由な発展と時代の芸術精神の進行を期待して第1回の公募展が開かれた。創立会員としては長谷川三郎、荒井龍男、難波田龍起等。昭和16年になると戦争が次第に深まってきて、自由美術協会の自由の名が不適当だとして美術創作家協会と改称した。戦後は元の名前に復活し、戦後の前衛美術の展開に足跡を残しながら、現在に至っている。

*明治美術会

明治22年(1889) 浅井忠、小山正太郎、松岡寿、山本芳翠、原田直次郎、川村清雄、會山幸彦、五姓田義松、五姓田芳柳(二世)らによって日本で最初の洋風美術団体 明治美術会が創立された。当時の国粋主義的風潮に圧迫されていた洋風美術家が体制を整え、団結して対抗しようとしたもので、当時の主要な洋風美術家をほとんど網羅していた。展覧会のほか例会を開き、講義、討論会を催し、参考品を展観するなど、洋風美術の啓発につとめた。その中で、明治25年に行われた初めての月例会にはその頃来日していたイギリス人の水彩画家アルフレッド・イーストが講演をし、自作を披露した。一方、当時の画家達は水彩画を油絵のための初歩的、準備的なものと見なしていたので、この講演と本格的な作品によって水彩画が、芸術品であることを感銘させられた。  明治26年から黒田清輝、久米桂一郎も参加したが、和田英作、岡田三郎助らの新進の登場とともに 紫派 脂派の対立が激しくなり紫派は離脱して白馬会へと移行する。明治34年(1901)解散された。

*東京美術学校

明治22年(1889)  東京美術学校(現在の東京芸術大学)が開校された。西洋画科が設けられたのは明治29年で黒田清輝、久米桂一郎らが指導に当たった。ついで藤島武二、岡田三郎助、和田英作、浅井忠らが教授として加わった。

*美術雑誌『方寸』

明治40年(1907)石井柏亭、森田恒友、山本鼎によって創刊された美術文芸雑誌。文学と美術の交流を目指し、画科の自画自刻による多くの版画が雑誌に発表された。明治44年(1911)まで合計35冊を発行して廃刊となった。

*日本水彩画会

大正2年(1913)  小石川の水彩画研究所(明治40年に大下藤次郎、丸山晩霞、河合新蔵等が設立)の組織を変更し日本水彩画会と称した。石井柏亭、石川欽一郎、赤城泰舒、戸張弧雁、丸山晩霞、真野紀太郎、白滝幾之助、吉田博、南薫造、中林せん、等が創立に参加した。第一回展を上野竹之台陳列館で開催した。大正7年、三宅克己も会員となる。

*二科会

大正3年(1914)  文展審査に対する不満から、最初の反官展グループである二科会が誕生しました。同年10月上野で二科美術展を開催し、新傾向作家の代表的団体として活動を続けた。

*トモエ会

  明治35年(1902)明治美術会が解散し新しく太平洋画会が創立されたが、その際に意見の対立があり川村清雄らがトモエ会を結成し、展覧会を開いた。

*台湾水彩画会

  1922年 台北師範学校嘱託となった石川欽一郎が台北師範学校の生徒たちをメンバーにして「台湾水彩画会」を創立する。水彩画を通して美術教育に努めた。

*光風会

明治44年(1911) 白馬会解散後、その後身として明治45年に中沢弘光、山本森之助、三宅克己、杉浦非水、岡野栄、小林鐘吉、跡見泰の7名で光風会を創立。第1回展を上野竹之台陳列館で開催した。黒田清輝の教えを受け、*)外光派の画風を引継ぎ、穏健な画風を示した。又後に小林万吾、南薫造、辻永、田辺至、赤松麟作らが会員となった。毎年春季に公募展を開いて現在に至っている。

*外光派

従来のアトリエ内での制作に代わって戸外の明るい外光のもとで自然描写を試み、新たな色彩による空間構成を意図したもの

*南画

中国において在野的文人の絵画を南宗画と呼んだ。日本の徳川末期に中国より流入した。 代表的な画家は、池大雅、与謝蕪村、浦上玉堂、青木木米、谷文晁、渡辺華山、田能村竹田、富岡鉄斎などである。

*独立美術協会

昭和5年(1930) 二科会員 里見勝蔵、児島善三郎、林重義、林武、川口軌外、小島善太郎、中山巍、鈴木亜夫、鈴木保徳の9名は同会を脱退し、伊藤廉、福沢一郎、清水登之、高畠達四郎、三岸好太郎等とともに創立。新時代の美術の確立を期し、昭和6年に東京都美術館で第1回展を開いた。画風は フォーヴィズム的傾向を基調に日本的な油絵に向かい、後に須田国太郎、小林和作、會宮一念、海老原喜之助らが加わった。毎年公募展を開いている。

*フォーヴィズム

20世紀初頭、フランスに興った絵画の流派。激しい原色の対比、大胆な筆致を特色とする。マチス・デュフィ・ブラマンク・ドランなどが代表的。野獣派ともいわれる。

*エコール・ド・パリ

20世紀前半、各地からパリのモンマルトルやモンパルナスに集まり、ボヘミアン的な生活をしていた画家たちを指す。出身国も画風もさまざまな画家たちの総称。

*国画会

昭和3年(1928) 国画創作協会の第2部(洋画部門)が国画会に改称。梅原龍三郎、川島理一郎、大橋幸吉、山脇信徳の旧会員と新たに高村光太郎、椿貞雄、河野通勢、浜田庄司、バーナード・リーチ、平塚運一らが参加した。毎年春に公募展を開く。現在に至る。

*川端画学校

明治42年(1909)に川端玉章によって設立された。目的は日本画養成であったが、大正3年に藤島武二が洋画の指導にあたった。出身者には海老原喜之助、横山潤之助、原精一、糸園和三郎などがいる。

*サロン・ドートンヌ

現存する芸術家の作品を定期的に展示するフランスの展覧会。  サンパウロ・ビエンナーレ展。 1951年からブラジルで開催された美術展。

*新制作派協会

昭和11年(1936) 猪熊弦一郎、脇田和、中西利雄、内田巌、小磯良平、佐藤敬、三田康、伊勢正義、鈴木誠らが芸術運動の純粋化を唱え結成した。のちに荻須高徳、野田英夫、三岸節子らも加わった。昭和23年には創造美術協会と結合し、新制作協会と改称し、活動を続けている。

*松方コレクション

造船界の大実業家、川崎造船社長の松方幸次郎(1869-1950)が、明治39年から第一次世界大戦中、戦後にかけて、滞欧中に蒐集した芸術のコレクションである。当時、西洋美術の実物に接することができなかった日本人のために、美術館を建設して多くの人に見せようというのがその動機だった。本格的な蒐集は大正10年頃から2,3年の間だといわれ西欧美術の全貌を伝えようと時代、流派にとらわれずかつ美術のおかれた環境そのままをも移入しようという雄大な計画の下に始められた。絵画だけでも千点を越したといわれている。その中から日本に送られたものは、種々の事情により、各地に散在したが、それらは旧松方コレクションと呼ばれて展覧会が開かれた。中でも深い意義をもつものは、八千枚以上の浮世絵がフランスから買いもどされ、国立博物館に収納されて本格的な浮世絵研究が可能になったりした。しかし美術館建設も戦争のために夢に終わり、欧州に残した多くの作品は戦渦に巻き込まれ爆撃、接収などの不運にあいながらコレクションは四散した。戦後、1959年ロダンの代表作をはじめとする400点近い作品が日本政府に返還されることになり、フランス政府からの公式引渡しに日仏文化協定委員として荻須高徳が立会い、全作品を点検した。これらが国立西洋美術館の誕生となり、日本における西洋美術研究の拠点ともなっている。(原色明治百年美術館より)

*文展/帝展

明治40年(1907) 近代美術史上画期的な文部省美術展覧会 文展 が開設された。初期の審査委員には横山大観、竹内栖鳳、黒田清輝らのほかに森鴎外、岡倉天心等の学者も加わり、新人の登竜門としての役割も大きく、美術を社会的に認識させた点で大きな功績があった。その後官展組織の手直しが行われ大正8年(1919)改組され帝展に、昭和12年(1937)新文展に、戦後は日展として再発足されたが、昭和23年には文部省の手を離れ、純然な官展ではなくなった。

*官展/日展

政府が主催する美術展覧会。日本では、明治40年(1907)文部省美術展覧会(文展)が日本画・洋画・彫塑の総合展を設立。大正8年(1919)帝国美術院展覧会(帝展)に改組。その後、新文展、日展(日本美術展覧会)を経て、昭和33年(1958)から社団法人「日展」という民間団体の運営に帰し、官設展は消滅した。

*新世紀美術協会

1955年(昭和30年)和田三造、川島理一郎、大久保作次郎、吉村芳松、柚木久太を中心に結成された。現在に至る。

*本郷岡田三郎助美術研究所/本郷絵画研究所

明治45年(1912)に洋画研究所として開設された。大正12年(1923)の関東大震災で焼失、翌年新築して本郷絵画研究所と改称されて再開された。指導は岡田三郎助があたった。出身者に小山敬三、高畠遠四郎、大河内信敬、小野忠重などがいる。

*白日会

大正13年(1924)外遊帰りの若い画家たちが帰国後の研究をすすめるために、それぞれの所属団体展以外で研究発表の機会を持ちたいということが発端となって結成された。白日会草創期の作家には中沢弘光、麻生三郎、刑部 人、井上 長三郎、川島 理一郎 、猪熊 弦一郎等がいる。

*太平洋美術学校

太平洋画会が設立された2年後の明治37年に下谷区清水町(現台東区)に絵画・彫塑の研究所が開設された。絵画部は中村不折、吉田博、満谷国四郎、石川寅治など、彫塑部は藤井浩祐らが指導にあたった。昭和4年(1929)研究所を拡張して学校組織とし、太平洋美術学校と改称。出身者に足立源一郎、古賀春江、中村彝、松本俊介、井上長三郎、麻生三郎、中原悌二郎などがいる。

*自由美術家協会

昭和12年(1937)本格的な前衛美術団体をめざし、芸術の自由な発展と時代の芸術精神の進行を期待して第1回の公募展が開かれた。創立会員としては長谷川三郎、荒井龍男、難波田龍起等。昭和16年になると戦争が次第に深まってきて、自由美術協会の自由の名が不適当だとして美術創作家協会と改称した。戦後は元の名前に復活し、戦後の前衛美術の展開に足跡を残しながら、現在に至っている。

*佐分賞

1936年 自宅画室にて自ら命を絶つた天才画科 佐分真の没後に佐分賞が設定された。若手芸術作家の登竜門となる。受賞者には棟方志功、杉本建吉らがいる。

*後期印象派

セザンヌ・ゴッホ・ゴーギャンなど、印象主義の流れをくみながら、その絵画理論にとどまることなく、独自の画境を開いた画家たちの総称。 

*春陽会

大正9年(1920) 日本美術院洋画部を脱退した小杉方庵、足立源一郎、長谷川昇、倉田百羊、森田恒友、山本鼎は梅原龍三郎を加え、また草土社の岸田劉生、木村荘八、中川一政、椿貞雄、他今関啓司、石井鶴三、山崎省三、万鉄五郎等を客員に迎え、大正11年(1922)に春陽会を創立した。毎年春公募展を催す。現在に至る。

*槐樹社

大正13年(1924)牧野虎雄を中心に集まっていた熊岡美彦、大久保作次郎、油谷達、吉村芳松、高間惣七、金井文彦、金澤重治らの交友関係から創立された。発会後、田辺至、斎藤与里が加入した。創立第一回展を同年6月に神田で開催した。機関紙として美術新論をも創刊した。積極的な活動を続けたが、1931年(昭和6年)に解散した。

*東光会

昭和7年 槐樹社が8年目にて解散と成り、今度はお互いに信頼できる人格者だけで精進をともにしたいということで、斎藤与里が中心となり熊岡美彦、高間惣七、岡見富雄、埼田清次、橋本八百二等と東光会を創立した。発展を遂げて現在に至る。

*信濃橋洋画研究所

大正13年(1924)関西在住の二科会会員の小出楢重、鍋井克之、国枝金三、黒田重太郎らによって大阪市西区に信濃橋洋画研究所を開設。翌年研究所展を開催、参考出品にゴッホ、セザンヌなどが出陳された。展覧会は会を重ねて昭和2年に全関西洋画協会に発展解消。研究所は昭和6年に中之島洋画研究所と改称された。出身者には長谷川三郎、向井潤吉、小出三郎、田村孝之助などがいる。

*安井賞

昭和32年(1957)、安井曾太郎の死後、故人の業績を偲ぶため展覧会が計画、実施されその時の純益金をもとに翌年財団法人安井曾太郎記念会が設立された。その主要な事業として毎年具象的傾向の油絵コンクールである「安井賞」が行われるようになった。50歳未満の西洋画家を対象としていた。同賞の使命を終えたとし、1997年第40回をもって最終回となった。主な受賞者には相笠昌義 、有元利夫 、大津英敏、 遠藤彰子、 絹谷幸二 、小林裕児 、島田章三 、野見山暁治 、宮崎進 、山本文彦等がいる。

*樗牛賞

二科会と日本美術院洋画部の出品若手作家への奨励として、1915年から高山樗牛会より賞金が提供されているこの賞は、二科の歴代の受賞者の中に、林倭衛や関根正二が挙げられていることからも推し計られるように、大正・昭和初期において、資質ある若手の登竜門的性格を持っていた。

*日本創作版画協会

大正7年(1918)山本鼎、石井鶴三、田辺至、戸張孤雁、平塚運一らによって創設された。創作版画は従来の分業から制作の工程を全て版画家が行うものとして区分された。創作版画は明治末の美術雑誌「方寸」などから制作されたが、この会の創立は創作版画家に始めて大同団結をもたらし、近代版画の発達に大いに貢献した。昭和6年(1931)日本版画協会となり現在に及んでいる。

*エッチング

銅版画技法の一種で一番古い間接的凹版。銅板の表面を松脂と?の混合物で作った耐酸性の防蝕剤でおおい、その上に彫刻針で絵を描き、銅板の裏側とへりに耐酸性の?を練って硝酸にひたして版を作る。

*ドライポイント・エッチング

ドライポイントでは、 先の尖った、きわめて硬度の高い鋼鉄針、ダイヤモンド針などで版に線描する。ドライポイントは基本的に版にキズをつけるだけなので、削りくずは線の周辺に突きでたまま残る (ささくれ、まくれ)。このまくれによる線の濃淡が特徴である。最も熟練を要する技法。 

*マティエール

絵肌

*モチーフ

題材、画題

*白樺

明治43年(1910) 武者小路実篤、志賀直哉又有島生馬が加わり、同人雑誌『白樺』創刊。文芸雑誌であると同時に美術雑誌としても、毎号セザンヌ、ゴッホ、ロダン等印象派以降の西洋美術の紹介に力を注いだ。近代の自由や個性の芸術を求める当時の青年たちを大いに励まし気持ちを奮いたたせた。この風潮のあらわれが後の小団体フュウザン会の創立に繋がった。

*グワッシュ

不透明水彩絵の具のひとつ。水溶性のアラビアゴムを媒剤とする。

*日本水彩画会

大正2年(1913)  小石川の水彩画研究所(明治40年に大下藤次郎、丸山晩霞、河合新蔵等が設立)の組織を変更し日本水彩画会と称した。石井柏亭、石川欽一郎、赤城泰舒、戸張弧雁、丸山晩霞、真野紀太郎、白滝幾之助、吉田博、南薫造、中林せん、等が創立に参加した。第一回展を上野竹之台陳列館で開催した。大正7年、三宅克己も会員となる。

*白馬会

黒田清輝の研究所出身者を母胎として白馬会が結成されました。黒田清輝、久米桂一郎を中心に、外光派の作家達が,画風の相違とより自由な団結を求めて明治美術会から離れ、新たに創立。山本芳翠、岩村透、小代為重、藤島武二、岡田三郎助、和田英作、小林万吾等が参加した。第1回展を明治29年(1896)に上野で開いた。以後毎年展覧会を行い、明治美術会と対立しつつ、明治43年(1910)まで継続した。白馬会解散後明治45年(1912)に同会の中堅作家により光風会が組織された。 

*巽画会

明治29年(1896)深川在住の青年日本画家達によって結成された。後、横山大観、菱田春草、下村観山なども参加し、展覧会、研究会も活発に行われた。

*院展

日本美術院(1898年創立)の公募展(展覧会)の名称として現在も使われており、院展と日本美術院はほぼ同義に扱われることが多い。現在は日本画のみを対象としている。

*1930年協会

大正15年(1926) フランスに留学し、近代絵画の精神を体得し、在仏中に友情を結んだ木下孝則、小島善太郎、前田寛治、里見勝蔵、佐伯祐三の5名により組織された。”西洋画の模倣、追隋を脱して自分たちの手による油彩画の創造を”―――が合言葉だった。第一回展を京橋区(現在の中央区)の日米信託ビル階上に開き、滞欧作180点を陳列した。会の名のいわれは来るべき1930年を意義あらしめん、という気持ちとコロー、ミレー、ドーミエ等を1830年派として、彼らの純真質朴を慕う気持ちとから、付けられた。外光派風の写実主義に反対し、フォーヴィズムを基調とした。昭和5年(1930)独立美術協会創立に伴い大部分の会員が同会に加わり、解散された。

*立軌会

昭和24年(1949) 牛島憲之、須田寿、飯島一次、円城寺昇、榎戸庄衛、大貫松三、山下大五郎ら7名で結成。各々自由で独自な画風を持つ作家の集まりであり、以降毎年会期を持ち、現在に至る。現会員に笠井誠一、栗原一郎、五百住乙人等がいる。

*モダンアート協会

昭和25年(1950)自由美術家協会の抽象系の作家である村井正誠、荒井龍男、山口薫らは協会を離れて新たにモダンアート協会を作り現在に至っている。

*主体美術協会

自由美術家協会を退会した中村輝行、平野 遼、山口薫らが参加。1965年第一回展を東京都美術館で開催した。

*フォービズム

20世紀初頭、フランスに興った絵画の流派。激しい原色の対比、大胆な筆致を特色とする。マチス・デュフィ・ブラマンク・ドランなどが代表的。野獣派ともいわれる。

*白馬会洋画研究所(のちに葵橋洋画研究所)

白馬会の付属の機関として明治31年(1898)に設立された。東京美術学校卒業生や一般洋画専攻者の研究機関として創設された。実技、フランス語、西洋美術史の指導にあたった。実技と美術史の指導には黒田清輝、久米桂一郎、岩村透などが指導にあたった。初期の出身者に小林万吾、白滝幾之助。また後に葵橋(現赤坂溜池)に移転し、葵橋洋画研究所として大正12年まで存続した。和田三造、岸田劉生、木村荘八、牧野虎雄などが出ている。

*フューザン会

大正元年(1912) 斉藤与里、岸田劉生、清宮彬らの発起で組織された。第一回展を銀座読売新聞社楼上で開いた。後期印象派やフォーヴィズムの影響を受けた青年画家が多く、出品者は高村光太郎、木村荘八、川上涼花、浜田葆光、植原桑喜、川村依雄、松村巽、本間国雄らであった。しかし翌年の第二回の展覧会を開いて解散した。個性の尊重、表現の自由で新世代の作家達を魅了したが、その摂取は根の浅いものでしかなかった。大正2年(1913) 高村光太郎、岸田劉生、木村荘八、岡本帰一の4人は神田の画廊ヴィーナス倶楽部で生活社主催油絵展覧会を開き、この生活社展が草土社の前身となった。

*草土社

大正4年(1915) 現代之美術社主催美術展で岸田劉生を中心とする洋画家の展覧会が開かれた。同展が草土社の創立展覧会となった。同人には中川一政、清宮彬、木村荘八、横堀角次郎、河野通勢、椿貞雄、高須光治、中島正貴、飛田角一郎、高橋三千夫等がいた。大正5、6年に春秋2回展覧会を開き、以降年1回ずつ開いて大正11年(1922)に至った。この会の主要会員は後に春陽会への創立に加わった。

*一水会

昭和11年(1936) 石井柏亭、山下新太郎、有島生馬、安井曽太郎、藤川勇造の5名が二科会から脱退。さらに硲伊之助、小山敬三、木下孝則、田崎広助、中村善策らが加わって「会場芸術を非とし、技術を重んじ、高雅な芸術を尊重する」という趣旨で一水会が組織された。主流は明るく洗練された感覚による穏健な写実的作風である。第一回展は昭和12年に開催。現在に至る。

Back To Page Top

作品の詳細お問い合わせ・購入申し込み

作品の詳細お問い合わせ・購入申し込みについてはどうぞお気軽に電話、FAX、メール、お問い合わせフォームメールにてお問い合わせ下さい。
ご所有作品のご処分をお考えの方にも、ご相談に応じます。

お問い合わせ
フォームメールのページへ

熊沢美術
TEL:042-455-5353
FAX:042-455-5353

e-mail address:info@kuma-bi.com

Back To Page Top