新着作品   作品一覧   中国書画文具  
Copyright©2007 Kumazawa
Bijyutsu All rights reserved.
日本洋画壇の流れ〜熊沢美術
日本洋画壇のながれ

洋画史に出てくる美術団体・流派など年代順に解説してあります








明治9年(1866)の創立。 明治政府工部省からの依頼で、イタリアから3人の教師が招かれた。絵画科にフォンタネージ、彫刻科にヴィンチェンツォ・ラグーザ、予科にはカッペレッティを招いて、国立の工部技術学校を設立。特にフォンタネージは多くの石膏像や名画の複製、図書、油絵の具など材料器具を豊富に持ってきた。熱心な指導を行ったので日本の生徒たちは本格的な洋画教育を受けることができた。しかし、フォンタネージは在任期間2年ほどで、風土病の脚気にかかり帰国することになってしまった。当時の日本をおおった反動の圧力の中、明治16年(1873)閉鎖された。

*ラグーザとお玉との出会い*





 明治22年(1889) 浅井忠、小山正太郎、松岡寿、山本芳翠、原田直次郎、川村清雄、會山幸彦、五姓田義松、五姓田芳柳(二世)らによって日本で最初の洋風美術団体 明治美術会が創立された。 当時の国粋主義的風潮に圧迫されていた洋風美術家が体制を整え、団結して対抗しようとしたもので、当時の主要な洋風美術家をほとんど網羅していた。展覧会のほか例会を開き、講義、討論会を催し、参考品を展観するなど、洋風美術の啓発につとめた。その中で、明治25年に行われた初めての月例会にはその頃来日していたイギリス人の水彩画家アルフレッド・イーストが講演をし、自作を披露した。一方、当時の画家達は水彩画を油絵のための初歩的、準備的なものと見なしていたので、この講演と本格的な作品によって水彩画が、芸術品であることを感銘させられた。   明治26年から黒田清輝、久米桂一郎も参加したが、和田英作、岡田三郎助らの新進の登場とともに 紫派 脂派の対立が激しくなり紫派は離脱して白馬会へと移行する。明治34年(1901)解散された。






明治22年(1889)  東京美術学校(現在の東京芸術大学)が開校された。西洋画科が設けられたのは明治29年で黒田清輝、久米桂一郎らが指導に当たった。ついで藤島武二、岡田三郎助、和田英作、浅井忠らが教授として加わった。








明治27年(1894) 黒田清輝は久米桂一郎とはかり洋画指導研究所を創設した。藤島武二、白滝幾之助、岡田三郎助、中沢弘光、和田英作、赤松麟作らのちに 官展アカデミズムの主流となる画家を育成しました。








黒田清輝の研究所出身者を母胎として白馬会が結成されました。黒田清輝、久米桂一郎を中心に、外光派の作家達が,画風の相違とより自由な団結を求めて明治美術会から離れ、新たに創立。山本芳翠、岩村透、小代為重、藤島武二、岡田三郎助、和田英作、小林万吾等が参加した。第1回展を明治29年(1896)に上野で開いた。以後毎年展覧会を行い、明治美術会と対立しつつ、明治43年(1910)まで継続した。白馬会解散後明治45年(1912)に同会の中堅作家により光風会が組織された。






白馬会の付属の機関として明治31年(1898)に設立された。東京美術学校卒業生や一般洋画専攻者の研究機関として創設された。実技、フランス語、西洋美術史の指導にあたった。実技と美術史の指導には黒田清輝、久米桂一郎、岩村透などが指導にあたった。初期の出身者に小林万吾、白滝幾之助。また後に葵橋(現赤坂溜池)に移転し、葵橋洋画研究所として大正12年まで存続した。和田三造、岸田劉生、木村荘八、牧野虎雄などが出ている






太平洋画会は 明治35年(1902) 欧州から帰国した吉田博、満谷国四郎、丸山晩霞、中川八郎等により結成された。翌年春の第一回展覧会に際しては明治美術会の後身なりと宣言し、明治美術会の後継者としての明確な自覚をもって出発した。第一回の展覧会は1902年上野公園で開催され、出品者29名、作品200点余りが集まった。2回展では小杉未醒、3回展では鹿子木孟郎らが参加した。毎年公募展を開き、白馬会と並立した。主な出品者に石井柏亭、石川寅治、岡精一、坂本繁二郎、中村彝、小杉未醒、倉田百羊、藤井浩祐らがいた。






太平洋画会が設立された2年後の明治37年に下谷区清水町(現台東区)に絵画・彫塑の研究所が開設された。絵画部は中村不折、吉田博、満谷国四郎、石川寅治など、彫塑部は藤井浩祐らが指導にあたった。昭和4年(1929)研究所を拡張して学校組織とし、太平洋美術学校と改称。出身者に足立源一郎、古賀春江、中村彝、松本俊介、井上長三郎、麻生三郎、中原悌二郎などがいる。






明治40年(1907) 近代美術史上画期的な文部省美術展覧会 文展 が開設された。初期の審査委員には横山大観、竹内栖鳳、黒田清輝らのほかに森鴎外、岡倉天心等の学者も加わり、新人の登竜門としての役割も大きく、美術を社会的に認識させた点で大きな功績があった。その後官展組織の手直しが行われ大正8年(1919)改組され帝展に、昭和12年(1937)新文展に、戦後は日展として再発足されたが、昭和23年には文部省の手を離れ、純然な官展ではなくなった。






明治40年(1907)石井柏亭、森田恒友、山本鼎によって創刊された美術文芸雑誌。文学と美術の交流を目指し、画科の自画自刻による多くの版画が雑誌に発表された。明治44年(1911)まで合計35冊を発行して廃刊となった。






明治42年(1909)に川端玉章によって設立された。目的は日本画養成であったが、大正3年に藤島武二が洋画の指導にあたった。出身者には海老原喜之助、横山潤之助、原精一、糸園和三郎などがいる。






明治43年(1910) 武者小路実篤、志賀直哉又有島生馬が加わり、同人雑誌『白樺』創刊。文芸雑誌であると同時に美術雑誌としても、毎号セザンヌ、ゴッホ、ロダン等印象派以降の西洋美術の紹介に力を注いだ。近代の自由や個性の芸術を求める当時の青年たちを大いに励まし気持ちを奮いたたせた。この風潮のあらわれが後の小団体フュウザン会の創立に繋がった。






明治44年(1911) 白馬会解散後、その後身として明治45年に中沢弘光、山本森之助、三宅克己、杉浦非水、岡野栄、小林鐘吉、跡見泰の7名で光風会を創立。第1回展をを上野竹之台陳列館で開催した。黒田清輝の教えを受け、外光派の画風を引継ぎ、穏健な画風を示した。又後に小林万吾、南薫造、辻永、田辺至、赤松麟作らが会員となった。毎年春季に公募展を開いて現在に至っている。






明治45年(1912)に洋画研究所として開設された。大正12年(1923)の関東大震災で焼失、翌年新築して本郷絵画研究所と改称されて再開された。指導は岡田三郎助があたった。出身者に小山敬三、高畠遠四郎、大河内信敬、小野忠重などがいる。






大正元年(1912) 斉藤与里、岸田劉生、清宮彬らの発起で組織された。第一回展を銀座読売新聞社楼上で開いた。後期印象派フォーヴィズムの影響を受けた青年画家が多く、出品者は高村光太郎、木村荘八、川上涼花、浜田葆光、植原桑喜、川村依雄、松村巽、本間国雄らであった。しかし翌年の第二回の展覧会を開いて解散した。個性の尊重、表現の自由で新世代の作家達を魅了したが、その摂取は根の浅いものでしかなかった。大正2年(1913) 高村光太郎、岸田劉生、木村荘八、岡本帰一の4人は神田の画廊ヴィーナス倶楽部で生活社主催油絵展覧会を開き、この生活社展が草土社の前身となった。






大正2年(1913)  小石川の水彩画研究所(明治40年に大下藤次郎、丸山晩霞、河合新蔵等が設立)の組織を変更し日本水彩画会と称した。石井柏亭、石川欽一郎、赤城泰舒、戸張弧雁、丸山晩霞、真野紀太郎、白滝幾之助、吉田博、南薫造、中林せん、等が創立に参加した。第一回展を上野竹之台陳列館で開催した。大正7年、三宅克己も会員となる。






大正3年(1914)  文展審査に対する不満から、最初の反官展グループである二科会が誕生しました。同年10月上野で二科美術展を開催し、新傾向作家の代表的団体として活動を続けた。






大正4年(1915) 現代之美術社主催美術展で岸田劉生を中心とする洋画家の展覧会が開かれた。同展が草土社の創立展覧会となった。同人には中川一政、清宮彬、木村荘八、横堀角次郎、河野通勢、椿貞雄、高須光治、中島正貴、飛田角一郎、高橋三千夫等がいた。大正5、6年に春秋2回展覧会を開き、以降年1回ずつ開いて大正11年(1922)に至った。この会の主要会員は後に春陽会への創立に加わった。






大正9年(1920) 日本美術院洋画部を脱退した小杉方庵、足立源一郎、長谷川昇、倉田百羊、森田恒友、山本鼎は梅原龍三郎を加え、また草土社の岸田劉生、木村荘八、中川一政、椿貞雄、他今関啓司、石井鶴三、山崎省三、万鉄五郎等を客員に迎え、大正11年(1922)に春陽会を創立した。毎年春公募展を催す。現在に至る。






大正13年(1924)関西在住の二科会会員の小出楢重、鍋井克之、国枝金三、黒田重太郎らによって大阪市西区に信濃橋洋画研究所を開設。翌年研究所展を開催、参考出品にゴッホ、セザンヌなどが出陳された。展覧会は会を重ねて昭和2年に全関西洋画協会に発展解消。研究所は昭和6年に中之島洋画研究所と改称された。出身者には長谷川三郎、向井潤吉、小出三郎、田村孝之助などがいる。






大正13年(1924)牧野虎雄を中心に集まっていた熊岡美彦、大久保作次郎、油谷達、吉村芳松、高間惣七、金井文彦、金澤重治らの交友関係から創立された。発会後、田辺至、斎藤与里が加入した。創立第一回展を同年6月に神田で開催した。機関紙として美術新論をも創刊した。積極的な活動を続けたが、1931年(昭和6年)に解散した。






大正13年(1924)外遊帰りの若い画家たちが帰国後の研究をすすめるために、それぞれの所属団体展以外で研究発表の機会を持ちたいということが発端となって結成された。白日会草創期の作家には中沢弘光、麻生三郎、刑部 人、井上 長三郎、川島 理一郎 、猪熊 弦一郎等がいる。






大正15年(1926) フランスに留学し、近代絵画の精神を体得し、在仏中に友情を結んだ木下孝則、小島善太郎、前田寛治、里見勝蔵、佐伯祐三の5名により組織された。”西洋画の模倣、追隋を脱して自分たちの手による油彩画の創造を”―――が合言葉だった。第一回展を京橋区(現在の中央区)の日米信託ビル階上に開き、滞欧作180点を陳列した。会の名のいわれは来るべき1930年を意義あらしめん、という気持ちとコロー、ミレー、ドーミエ等を1830年派として、彼らの純真質朴を慕う気持ちとから、付けられた。外光派風の写実主義に反対し、フォーヴィズムを基調とした。昭和5年(1930)独立美術協会創立に伴い大部分の会員が同会に加わり、解散された。






昭和3年(1928) 国画創作協会の第2部(洋画部門)が国画会に改称。梅原龍三郎、川島理一郎、大橋幸吉、山脇信徳の旧会員と新たに高村光太郎、椿貞雄、河野通勢、浜田庄司、バーナード・リーチ、平塚運一らが参加した。毎年春に公募展を開く。現在に至る。






昭和5年(1930) 二科会員 里見勝蔵、児島善三郎、林重義、林武、川口軌外、小島善太郎、中山巍、鈴木亜夫、鈴木保徳の9名は同会を脱退し、伊藤廉、福沢一郎、清水登之、高畠達四郎、三岸好太郎等とともに創立。新時代の美術の確立を期し、昭和6年に東京都美術館で第1回展を開いた。画風はフォーヴィズム的傾向を基調に日本的な油絵に向かい、後に須田国太郎、小林和作、會宮一念、海老原喜之助らが加わった。毎年公募展を開いている。






昭和7年 槐樹社が8年目にて解散と成り、今度はお互いに信頼できる人格者だけで精進をともにしたいということで、斎藤与里が中心となり熊岡美彦、高間惣七、岡見富雄、埼田清次、橋本八百二等と東光会を創立した。発展を遂げて現在に至る。






昭和11年(1936) 石井柏亭、山下新太郎、有島生馬、安井曽太郎、藤川勇造の5名が二科会から脱退。さらに硲伊之助、小山敬三、木下孝則、田崎広助、中村善策らが加わって「会場芸術を非とし、技術を重んじ、高雅な芸術を尊重する」という趣旨で一水会が組織された。主流は明るく洗練された感覚による穏健な写実的作風である。第一回展は昭和12年に開催。現在に至る。






昭和11年(1936) 猪熊弦一郎、脇田和、中西利雄、内田巌、小磯良平、佐藤敬、三田康、伊勢正義、鈴木誠らが芸術運動の純粋化を唱え結成した。のちに荻須高徳、野田英夫、三岸節子らも加わった。昭和23年には創造美術協会と結合し、新制作協会と改称し、活動を続けている。






昭和14年(1939) 独立美術協会を脱退した福沢一郎を中心に麻生三郎、古沢岩美、糸園和三郎、小牧源太郎、寺田政明、吉井忠等ら41名で結成し、昭和15年第一回公募展を開催した。






昭和12年(1937)本格的な前衛美術団体をめざし、芸術の自由な発展と時代の芸術精神の進行を期待して第1回の公募展が開かれた。創立会員としては長谷川三郎、荒井龍男、難波田龍起等。昭和16年になると戦争が次第に深まってきて、自由美術協会の自由の名が不適当だとして美術創作家協会と改称した。戦後は元の名前に復活し、戦後の前衛美術の展開に足跡を残しながら、現在に至っている。






昭和24年(1949) 牛島憲之、須田寿、飯島一次、円城寺昇、榎戸庄衛、大貫松三、山下大五郎ら7名で結成。各々自由で独自な画風を持つ作家の集まりであり、以降毎年会期を持ち、現在に至る。現会員に笠井誠一、栗原一郎、五百住乙人等がいる。






昭和25年(1950)自由美術家協会の抽象系の作家である村井正誠、荒井龍男、山口薫らは協会を離れて新たにモダンアート協会を作り現在に至っている。






昭和30年(1955)二科会を退会した鈴木信太郎、高岡徳太郎、野間仁根を中心として同じく二科会を退会した絵画12名、彫刻2名によって結成、公募展(絵画・彫刻・版画)として発足。その第一回展を東京・日本橋高島屋にて開催、以降現在に至る。




用語解説







明治26年(1993)頃 黒田清輝の外光主義の絵が画壇に登場した。当時の暗調な色彩の画風に飽きていた新進画家には大きな影響を与えた。外光派は空気と光線を重んじて光の当たった部分には黄や明るい緑や赤系統の色を使い、陰影の部分には光の反射として青色系統特に紫色を使っていた。従来の褐色を多用する画家達を脂派とよび黒田清輝らの外光派を紫派と呼んだ。






鳶色調、褐色調が強い画面のことで光線の明暗を描写するのに明るい部分を褐色で表現するから陰影の部分は暗く暗度を強く描写した。この鳶色調がちょうど松脂そっくりの色に感じられたのでこの暗い絵を描くグループを脂派とヤユして呼んだ




政府が主催する美術展覧会。日本では、明治40年(1907)文部省美術展覧会(文展)が日本画・洋画・彫塑の総合展を設立。大正8年(1919)帝国美術院展覧会(帝展)に改組。その後、新文展、日展(日本美術展覧会)を経て、昭和33年(1958)から社団法人「日展」という民間団体の運営に帰し、官設展は消滅した。




従来のアトリエ内での制作に代わって戸外の明るい外光のもとで自然描写を試み、新たな色彩による空間構成を意図したもの






  セザンヌ・ゴッホ・ゴーギャンなど、印象主義の流れをくみながら、その絵画理論にとどまることなく、独自の画境を開いた画家たちの総称。




  19世紀後半から20世紀初頭にかけて、フランス絵画に始まり、ヨーロッパに広まった芸術思潮。自然や事物から受ける感動を忠実に表現しようとする。絵画ではモネ・ルノアール・ピサロらが代表的。




  20世紀初頭、フランスに興った絵画の流派。激しい原色の対比、大胆な筆致を特色とする。マチス・デュフィ・ブラマンク・ドランなどが代表的。野獣派ともいわれる。






  玉は文久元年(江戸)、芝新堀に生れた。玉の生家清原家は芝新堀町で広大な邸内に花園を営んでいた。明治9年に工部美術学校の彫刻学の教師として来日していたラグーザが散歩の途中に花園を訪れ17歳になる玉と出会った。幼い時から絵を描くことが好きな玉はラグーザの教えを受けて洋画に転じた。明治15年帰国するラグーザに伴われて水彩画と蒔絵の教師としてイタリアへ渡った。玉の姉夫婦も漆芸、日本刺繍の教師として同行した。
玉はパレルモ大学美術専攻科に入学した。ラグーザは帰国後パレルモに美術学校を設立し、玉と姉夫婦も教師として加わった。明治22年姉夫婦が日本に帰国した後、ラグーザと正式に結婚してエレオノーラ・ラグーザとなりパレルモの社会にとけこんで制作に没入した。ラグーザはその後彫刻家としての名声を確立し、優れた作品を発表したが、1927年85歳で逝去した。このときは玉も66歳になっていた。
日本を懐う気持ちは抑えがたく望郷の念はつのるばかりであった。イタリア旅行中の木村毅氏が玉のことを知り、その後日本の新聞にラグーザお玉と題する連載小説が掲載された。このことがきっかけで玉は1933年、51年ぶりに日本の土を踏むこととなった。1939年に77歳の生涯を閉じるまで東京芝新堀町の生家の近くに画室を構え身近な草花などを描き、静かな晩年をすごした。






  昭和32年(1957)、安井曾太郎の死後、故人の業績を偲ぶため展覧会が計画、実施されその時の純益金をもとに翌年財団法人安井曾太郎記念会が設立された。その主要な事業として毎年具象的傾向の油絵コンクールである「安井賞」が行われるようになった。50歳未満の西洋画家を対象としていた。同賞の使命を終えたとし、1997年第40回をもって最終回となった。主な受賞者には相笠昌義 、有元利夫 、大津英敏、 遠藤彰子、 絹谷幸二 、小林裕児 、島田章三 、野見山暁治 、宮崎進 、山本文彦等がいる。






  造船界の大実業家、川崎造船社長の松方幸次郎(1869-1950)が、明治39年から第一次世界大戦中、戦後にかけて、滞欧中に蒐集した芸術のコレクションである。当時、西洋美術の実物に接することができなかった日本人のために、美術館を建設して多くの人に見せようというのがその動機だった。本格的な蒐集は大正10年頃から2,3年の間だといわれ西欧美術の全貌を伝えようと時代、流派にとらわれずかつ美術のおかれた環境そのままをも移入しようという雄大な計画の下に始められた。絵画だけでも千点を越したといわれている。その中から日本に送られたものは、種々の事情により、各地に散在したが、それらは旧松方コレクションと呼ばれて展覧会が開かれた。中でも深い意義をもつものは、八千枚以上の浮世絵がフランスから買いもどされ、国立博物館に収納されて本格的な浮世絵研究が可能になったりした。しかし美術館建設も戦争のために夢に終わり、欧州に残した多くの作品は戦渦に巻き込まれ爆撃、接収などの不運にあいながらコレクションは四散した。戦後、1959年ロダンの代表作をはじめとする400点近い作品が日本政府に返還されることになり、フランス政府からの公式引渡しに日仏文化協定委員として荻須高徳が立会い、全作品を点検した。これらが国立西洋美術館の誕生となり、日本における西洋美術研究の拠点ともなっている。(原色明治百年美術館より)





Back To Page Top

作品の詳細お問い合わせ・購入申し込み

作品の詳細お問い合わせ・購入申し込みについてはどうぞお気軽に電話、FAX、メール、お問い合わせフォームメールにてお問い合わせ下さい。
ご所有作品のご処分をお考えの方にも、ご相談に応じます。

お問い合わせ
フォームメールのページへ

東京都西東京市栄町2-1-6
TEL:042-455-5353
FAX:042-455-5353

e-mail address:info@kuma-bi.com

Back To Page Top